« そんな飲ませ方では、おっぱいはラクになりませんよ。 | トップページ | たった1回のゴム乳首使用だったのに。 »

2012年12月18日 (火)

産後はスーパーウーマンにならないで!

SOLANINの勤務先では、遠方からの里帰り出産の方の占める割合が、毎年ほぼ23%です。
また、自宅とご実家が車で30分以内といった近距離でも、産後は1ヶ月健診まではご実家に帰られて、養生される方が90%を越える土地柄です。なので、産後1ヶ月は、授乳を含む赤ちゃんのお世話に専念できる環境にあります。兄姉の世話も、おじいちゃんやおばあちゃんが助けてくれるようです。
兄姉の幼稚園・学校の都合で里帰りできない方は、自宅にご実家のお母さんに来てもらって、家事の手伝いをしてもらいながら過ごされます。

しかし、中にはそうでなない方もいらっしゃいます。
ご実家のお母さんにも義母さんにも頼れないため、退院直後から家事も上の子のお世話も何もかも自分一人でこなしていくしかない方です。
元来元気で、頑張り屋さんで、気が強くて、誰かに甘えるのが苦手な方は、赤ちゃんを出産され、身軽になると、養生もそこそこに、主婦として妻として母親としてフル稼働され、スーパーウーマンになられるようです。

でも、産後早期からのスーパーウーマン化は、やはり身体にガタが来るようで、過労による抵抗力の低下で、膀胱炎や髄膜炎や胃腸炎やマイコプラズマ肺炎や産褥熱や退院後の大量出血や、果ては虫垂炎をこじらせて腹膜炎を起こして手術になったり、腎臓結石が動いて疝痛発作で緊急入院とか、よくもまぁこれだけ・・・ってなことが、起こり易くなる頻度が高まるようです。
SOLANINも嘗て通ってきた道なので、しなきゃならないことはよ~く分かりますし、頑張ったら出来ちゃうかもしれませんが、それって絶対良くないです。

出産は病気ではありませんが、産後の心身のコンディションは平常時とは明らかに異なりますので、やせ我慢はほどほどにしておきましょう。
万一病気になって重症化して、入院や手術しなくてはならなくなったら、目も当てられませんからね。

産褥期はスーパーウーマンにならないでください。
家族みんなのためです。
どうかお願いします。

« そんな飲ませ方では、おっぱいはラクになりませんよ。 | トップページ | たった1回のゴム乳首使用だったのに。 »

☆産後の心身の調子とメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

SOLANINさま、初めまして。
久しぶりにblogにお邪魔したら閉鎖になっていて驚き、探して漸くここに辿り着きました!
大変なことになっておられたんですね。新しいこちらのblogも応援しています
X'masイヴに9ヶ月になる息子がおりますが、本当に今回の記事通り、産後は無理はいけないと実体験しました。
私は切迫早産で管理入院していたのですが32週目になってすぐに破水してしまい、車で60分離れたNICUがある国立病院に母体搬送になって出産しました。
入院していた病院はあまり母乳育児に積極的ではなく、妊娠前から降圧剤を服用していた為に「初乳から母乳は授乳禁止」と言われて泣いていたのですが、幸いにも搬送された国立病院は母乳推進病院で初乳から与える事が出来ました。
切迫早産で全くケアしてなかったおっぱいですが、助産師さん達がマッサージしてくれたりして出産直後から沢山出るようになりました。
32週で低出生児だった息子に申し訳なくて、入院中も必死に搾乳してNICU に届けました。
そして退院して翌日の夜中、41度を超える高熱と激しい腹痛に襲われ、病院に逆戻り。
産褥熱かと思わましたが、検査結果は腸閉塞でした。
元々便秘がちで他の病気で開腹手術後に一度腸閉塞で入院した事もあったのですが、切迫早産で安静にしていて便秘が酷くなったけれど力んでは駄目と言われて便通がなかった事と、産後の入院期間安静にせずに殆ど部屋のベッドに横になる事もなく、別の階にある授乳室とNICUに通いつめ、移動にエレベーターを待つ時間も惜しくて階段を使ったのが悪かったのかもしれません
その後退院したものの1ヶ月近く寝たきりになってしまい、それでも息子の為に必死に搾乳して実家の両親に母乳を届けて貰いました。(その際の心の支えがSOLANINさまの御本とblogでした)
私が動けるようになった頃漸く保育器から出て直母がO.K. になったのですが、チューブ→哺乳瓶で酷い乳頭混乱になっていた息子は全くおっぱいが吸えず(30分授乳しても0gでした)…退院してからは息子と一緒に泣きながら授乳をしたのも、今ではいい思い出です(苦笑)。
今では立派なおっぱい星人になり、低出生児だった面影はどこに?というくらい大きくなりました。(2116g→8600g)
これから出産される方は私のようにならないよう、どうかご無理をされないようにして下

SOLANIN様

いつもお世話になります。
おかげさまで息子は今日もモリモリおっぱいを飲んでいます。

こちらのブログについてですが、コメントは自由にして構わないのでしょうか?
コメント返しでお忙しくなってもいけないかなと思い…。
今とても大変な時期とは思いますが、またご指示いただけると幸いです。

田舎のデグーさま

横やり失礼します(>_<)
愛読者の会のぐるっぽに、しばらくは雨風呂の記事の復旧を優先したいので、コメントは受け付けますがお返事はできませんというような内容のソラニンさんのコメントが載っていましたm(__)m

連投すみません(>_<)
以下コピペです
スマホからなので、手際悪くてすみません…

「記事へのコメントは全て受け付け・必ず拝 読しますが、復刻作業を優先したいので、コメン ト返しは作業が完了するまで、お休みさせていた だく旨を合わせてお伝えしていただけると幸いで す。」

初めてコメントさせていただきます!!
私わ1人目出産後3ヶ月で母乳が
とまリ努力もせずやツぱリあたしわ
乳が出ないんやと勝手に思い込んで
おリ2人目妊娠した時から絶対完母で
育てよおと思い最強母乳外来に辿リ
つき読ませていただきあたしが
産んだ病院の助産師でわ考えられない
ぐらいの説得力に脱帽致しました。
1人目の娘の時にどうして自分わ
もツと努力しなかツたんだろうと
次女におっぱいをあげながら後悔
しています...
そんな2人目の娘も2才になリますが
まだまだおっぱい大好きです。
只今3人目妊娠中でお腹が張る時
などわ言い聞かせをし痛いからと
ゆうと痛い?と心配そおな顔をして
お休みしてくれています。
ほんとうに最強母乳外来のお陰で
最高にいいコミュニケーションが
我が子とできて嬉しいです。
アメブロでわコメントができなかツた為
お礼が言いたくコメントさせて
いただきました。
読みにくい文章で申し訳ありませんが
ほんとうに最強母乳外来のお陰です。
ありがとうございました。
これからも読ませていただきます。
頑張ツて下さい。

返信および、紹介記事も不要です。
でも、ご報告だけ。
私のブログで、solaninさんがブログを書いてくださっていることを紹介させて頂きました。
solaninさんが活動を続けてくれて、本当にうれしいです。
どうもありがとうございます。
http://ameblo.jp/conyancodama/entry-11430004190.html

はじめまして、12月末で9ヶ月のおっぱい星人女子母です。
いつも、「最強母乳外来」を読んで、気合をいれていたので、消えてしまっていた時はびっくりしましたが、再開&復旧おうえんしています!

はじめまして。
10月13日に3人目の女の子を出産しました。1番上の子が学校に行ってるので、今回は里帰りができず、退院して5日後くらいからほぼいつも通りの生活に戻りました。つい最近までなんとか動けていたんですが、ほんの2〜3日前にあまりにも旦那からの要求が多く、そんなにできるわけないじゃん!ということで、喧嘩になってしまい、2年くらい前から発症したうつ病が悪化してしまいました。急に買い物してもつまらない、夕飯の献立が決められない、洗濯物がまとめられない、娘の宿題の丸つけがスムーズにできない、何よりサクッと動けなくなった、などいろんな症状が一気に出ました。

これはマズイなと思い、実家に少しだけ帰って休んで来ようと思ったら、それすらも旦那からダメだと言われる始末。母からもかなり疲れてるねって言われるんですが、どうにもこうにも八方塞がりな状態です。

このブログの記事を読んで、がんばりすぎたツケがまわってきたなぁと実感してます。時間はかかると思いますが、子どもたちのためにも自分の体調を元に戻すことが最優先だと思います。ゆっくりですが、回復に務めたいと思います。

最強母乳外来、アメブロの頃から読んでます。3人の娘を現在進行形で完母で育ててます。もっと早く出会いたかった内容で、勉強になってます。これからもためになる情報を発信していただけることを願ってます。

はじめまして。
主人の仕事の都合により、アメリカで出産、
現在1歳半のおっぱい星人の母です。
こちらは、産後3日で退院しなくては
なりません。産後は、両親が来ることが
出来ない状態だったので夫婦で何とか
乗り切ったのですが…
産後1週間経ったころから1カ月検診の間
"朝になると38度くらい→夜になると平熱に戻る"
という、おかしな状態になりました。
病院に行っても原因不明でした。
今思い返しても、自分でも妙なテンション?(笑)で
可愛くて仕方ないから、我が子をいくらでも見てられると
思う一方で、我が子と二人きりになっている時間が
不安で怖くてたまらなかったです。
もしかしたら、疲れやストレスから発熱していたんじゃないかな
と思います。大丈夫だと思っていても体は正直ですよね。

最強母乳外来に出会えたおかげで、異国の地でも
幸せなおっぱいライフが送れております!
18ヶ月検診で小児科の担当医に、おっぱい辞めなさい!
…と強く言われました。こちらでは、1歳で断乳が主流なので
肩身は、狭いですが…それでも、おっぱいを続けられているのも
最強母乳外来のおかげです。

本当にいつも、ありがとうございます!

keco様
お礼が遅くなりましたが、教えていただいてありがとうございました。
アメブロのぐるっぽの方にはコメントルールを出して下さっていたんですね。
良かったです。

Solaninさん お久しぶりです
アメブロのマイページからリンクが消えていたのでどうしたのかな?
と気になっていました。復活されて嬉しく思います。
solaninさんのブログに出会ったのが2人目を出産した翌日。異国の地で母乳育児を模索している時でした。あれから2年ちょい先週末に3人目を無事に出産致しまして2日後に退院したところです。
本日の記事私に向けて書いてあるのかしら?なんて思ってしまいました。
肝に命じて無理しないように気を付けようと思います。

雨風呂ではお世話になりました★

実家は新幹線で4時間
両親と会社員。
義実家側はすでに他界
頼みの旦那は多忙&長期出張
で頑張った結果、
一か月も経たないうちに帯状疱疹になりました。
子供にうつさない様大変でした・・・・

一人で抱え込むと、体だけでなく心もくたくたになりますね。
核家族化が進みなかなか難しいけれど、
甘えられる人は、どんどこ甘えて欲しいです!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そんな飲ませ方では、おっぱいはラクになりませんよ。 | トップページ | たった1回のゴム乳首使用だったのに。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: