« おっぱいとお薬その18『抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬』(改訂版) | トップページ | ネコマンマだっていいじゃないか! »

2013年1月18日 (金)

健康な赤ちゃんにはふさわしくない飲み物。(改訂版)

おっぱいやミルク以外の飲み物で、イオン飲料ってありますよね?
あれをですね、小児科ドクターは赤ちゃんが発熱や嘔吐や下痢で脱水になった時、飲むとよいと指導されたりします。
・・・なぁんて書くと「病気の赤ちゃんに良いものだったら、健康な赤ちゃんにはもっと良いのでは?」と、早トチリされるお母さんがたまにいらっしゃいます。(汗)

はっきり言います。
健康な赤ちゃんには良くありません!
健康な赤ちゃんは普通に過ごしていて脱水になったりしません。
(そうなる前に自然におっぱいを欲しがりますから・・・ね。)
つまり、体液の電解質バランスは正常なんですね。

そこへ電解質たっぷりのイオン飲料を飲ませたらどうなるのか。
電解質の過剰摂取となり、かえって赤ちゃんは喉が渇いてたまらなくなります。

外出中などで、直母をせずにイオン飲料を与えると、赤ちゃんはちょこちょこ飲みをします。
これは幼児でも当てはまります。

おっぱい以外のものをちょこちょこ飲みするリスクは何か分かりますか?

乳歯が生えてきている時期なので、歯が脱灰してしまいます。
勿論!
何も飲食しなければ、その時間は歯は再石灰化します。
でも、ちょこちょこ飲みをしてしまうと、再石灰化が不十分なうちにまたも脱灰してしまいます。

つまり、乳歯のエナメル質がジワジワと侵食され続けてしまうってこと。
そして(ここ、重要です。)イオン飲料のpHは2~3と強酸性なんですね。
そう、こんなものを、何気に健康な赤ちゃんに飲ませるのは、「どうぞ、虫歯になってちょうだいな!」と言ってるのも同然なのです。

そうそう、スポーツ飲料ってのもありますね。
あれも同じと考えてもらって差し支えありません。

ちなみにおっぱいやミルクのpHは4~5と弱酸性に近いですから、脱灰のダメージは心配しなくても大丈夫です。
あっ、でも、食べ物のカスは取り除くのだけはお忘れなく!

« おっぱいとお薬その18『抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬』(改訂版) | トップページ | ネコマンマだっていいじゃないか! »

☆歯科・口腔ケア関係」カテゴリの記事

コメント

初めて書きこみさせて頂きます。1歳2ヶ月の男の子のママです。


こちらのブログを、産後、母乳の出が悪かったのでずっと混合ですが、3ヶ月の頃に知り、以来大変助けられております。ありがとうございます。


昨日、この記事を読んでギョッとしました。息子が生後9ヶ月の時にひどい下痢をしたのですが、医者からイオン飲料水を勧められて、「いい飲み物なんだ」と、私もあっさり勘違いし、以来ずっとあげていたからです。麦茶をなかなか飲まない子なので、余計にあげすぎておりました。 こちらの記事を読み、即、イオン飲料水を止めました。以前よりは麦茶やほうじ茶を飲んでくれるので、そうします。まだ母乳も1日に3回は飲むので、もちろん母乳も。


息子は上下8本の前歯が生えていまして、今のところ虫歯にはなっていないので、セーフならいいのですが・・・。


この記事を読まなかったら、勘違いし続けてイオン飲料水をずっと飲ませていたかもしれません。他にも勘違いされている方がいらっしゃいませんように・・・。


本当にありがとうございました。

Really cool post, highly insightful and skilled professionals written.. Good Career

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっぱいとお薬その18『抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬』(改訂版) | トップページ | ネコマンマだっていいじゃないか! »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: