« おっぱいとお薬その54『アレジオン®』(改訂版) | トップページ | 砂糖の代わりにキシリトールを使用することの是非について。 (改訂版) »

2013年2月23日 (土)

哺乳ストライキ2

先の記事で、赤ちゃんは身体的・精神的に辛い時、いつもよりおっぱいを欲しがるが、辛過ぎると、おっぱいを拒んでしまうと書きました。
赤ちゃんだって、何とかこの状態を脱出したいのですが、辛過ぎるとどうして良いのか判らなくなるのですね。

では、何が辛いのか・・・順不同ですが、理由となるものを挙げたいと思います。

★赤ちゃんが風邪をひいて咽頭痛・鼻閉・などが酷い状態である時。

おっぱいを飲もうにも、喉が痛かったり鼻が苦し過ぎたりしたら、おっぱいを飲むことを放棄してしまいます。
適切な時期に小児科に受診し、治療を受けられるのがいいと思います。
この場合、
赤ちゃんの病状が落ち着けば、ストライキはほどなく解除されることでしょう。

« おっぱいとお薬その54『アレジオン®』(改訂版) | トップページ | 砂糖の代わりにキシリトールを使用することの是非について。 (改訂版) »

☆哺乳ストライキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっぱいとお薬その54『アレジオン®』(改訂版) | トップページ | 砂糖の代わりにキシリトールを使用することの是非について。 (改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: