« おっぱいとお薬その34『ブルフェン®』(改訂版) | トップページ | 幼児が空腹感を持たないことの弊害。(改訂版) »

2013年2月 3日 (日)

おっぱいやめろコールその2★集団健診にて

SOLANINが赤ちゃんだったわが子を育てていた頃、集団健診は鬼門でした。
集団健診アレルギーに近いものがあり、健診日が近付くにつれ気鬱になりました。
昔は10ヶ月になったら離乳食は3回しっかりあげて、おっぱいは止めなさいというように指導されるのが基本方針でした。

歯科健診ではカリエス4くらいの酷いズルズルになったグロテスクな乳歯を見せられて、「おっぱいを続けるとこんなひどいことになりますよ。」とPRされる始末で、かなり煽られました。

「離乳食が進まないのはおっぱいのせいだわね。」と栄養士さんは仰いましたねぇ。(これは今もですねぇ。)

小児科のドクターにも、「おっぱいを赤ちゃんが止められないのでなく、お母さんの意志の問題だ。」などの責め言葉でけちょんけちょんに言われました。

そうそう、保健師さんからは「1歳過ぎるとおっぱいに対する執着がきつくなるから、10ヶ月くらいの今から止めるのが賢いやりかたよ。2~3日は大泣きするけどね。」とおっぱいを続けたいと勇気を出して気持ちを伝えたらアホ扱いされました。

辛かったです。

四面楚歌でした。

・・・言っておきますが、今となっては、これらは全部不適切コメントです。
っていうか、おっぱいに対する誤解です。
少なくとも、これらの言葉を断乳のきっかけにだけはしないでくださいね。

訳分からん抵抗勢力に屈しては駄目です。

« おっぱいとお薬その34『ブルフェン®』(改訂版) | トップページ | 幼児が空腹感を持たないことの弊害。(改訂版) »

☆断乳は反対!」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
先日、市の3〜4ヶ月検診に参加して参りました。
事前に、こちらの過去記事で集団検診に関する記事を拝見してから、行きました。
やはり市の相談員の方から『断乳』の言葉が出てきました。
たまたま話の流れで、添い乳で寝かしつけをしている、と話したところ、『今はいいが、1歳で職場復帰するなら早めに断乳して寝かしつけ方法を変えた方がいいかも』とのこと。
この相談員の方も出産経験があるそうですが、なんの躊躇もなく断乳を勧めてきました。
それにはスルーして帰ってきましたが、おっぱい星人である我が子の為に、本人の卒乳のタイミングを待つ事を改めて決意しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっぱいとお薬その34『ブルフェン®』(改訂版) | トップページ | 幼児が空腹感を持たないことの弊害。(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: