« これまで一度もトラブル無しの方であっても。 | トップページ | おっぱいやめろコールその1★産婦人科にて。 »

2013年2月 2日 (土)

おっぱいとお薬その33『ピロリ菌の除菌について』(改訂版)

みなさんもご存知のように、ピロリ菌は、胃潰瘍や胃がんの原因菌になると言われています。

上水道水を飲用しておられず、井戸水や山の湧水などを子ども時代から飲用しておられた方は感染の恐れが高いと言われています。

ピロリ菌に感染しているかどうかの検査は簡単にできます。
予算としてはおおよそ5000円くらいです

さて、不幸にして感染が判明し、除菌を希望されるとして、お薬の内服が必要になってきます。
第1選択としては『ランソプラゾール』『タケプロンOD®』(ランプラゾール)、『サワシリン®』(アモキシリン)、『クラリシッド®』(クラリスロマイシン)がの3つのお薬が処方されると思います。
注)『  』が商品名で(  )が薬品名です。

除菌のためのこれらのお薬は通常5日分処方されます。
期間としてもさほど長くないですし、おっぱいとの両立が不可能なお薬ではありませんから、安心して治療に取り組んでくださいね。

大切な家族のためにもお母さんが健康であることは重要ですね。
ただ、キツい言い方で恐縮ですが、
個人的には、何故よりによって母乳育児中に治療開始するかなぁ?という疑問が残ります。
そういうのって、もっと早く(≒妊娠する前に)調べて治療すべきではないかと思います。
決して家事や仕事と両立できない治療ではないですからね。

最新のデータは下記ウェブサイトをご参照くださいね♪
国立成育医療センター「ママのためのお薬情報」
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/index.html
大分薬剤師会「母乳とくすりハンドブック」
http://www.oitaog.jp/syoko/binyutokusuri.pdf#search='%E6%8E%88%E4%B9%B3%E8%96%AC%2C%E5%A4%A7%E5%88%86'

« これまで一度もトラブル無しの方であっても。 | トップページ | おっぱいやめろコールその1★産婦人科にて。 »

☆おっぱいとお薬」カテゴリの記事

コメント

ピロリ菌を一期に除菌できるわけではないですが
明治プロピオヨーグルトLG21を毎日食べると
ピロリ菌の繁殖がある程度抑えられますので
胃痛などの症状が軽快します。
毎日食べるのが大切ですので宅配を利用するのもよいかもしれません。

母乳育児を大切にしていますので、乳業会社の宣伝をするのも?とは思いますが
私には効きました。お試しあれ!

尊敬する平林先生お久しぶりです。
貴重な体験談をご教示いただき有難うございました。
雨風呂の頃も、「たまごままネット」でもご活躍中の平林先生について、読者のみなさんに再々お伝えしていたSOLANINです。
まさか記事にコメントをいただけるなんて、思いもしませんでした。
有り難うございました。
(昨日はフ○ー○ムお疲れ様でした。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これまで一度もトラブル無しの方であっても。 | トップページ | おっぱいやめろコールその1★産婦人科にて。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: