« 中央陥没・裂状乳頭のラッチオンの注意点とは? | トップページ | 1歳代以降の子どもの卒乳について改めて考えました。 »

2013年2月 9日 (土)

おっぱいとお薬その40『ハルシオン®』(改訂版)

母乳育児中のお母さんには出来れば避けてもらいたいジャンルのお薬があります。
いわゆる睡眠薬・抗不安薬です。

『ハルシオン®』はベンゾジアゼピン系の睡眠薬(=ジアゼパム)の一種であるトリアゾラムで、作用時間的には超短時間型のお薬です。(お薬の半減期が1.5~5.5時間程度。)

「赤ちゃんへの影響は不明であるが、分子量が小さいので母乳への移行はあるので、考慮が必要なお薬である。」というのが海外での評価です。

具体的には、赤ちゃんに嗜眠・体重減少などが見られないかということです。
母乳育児中のお母さんで、なかなか眠れないという睡眠導入剤としての処方であるなら、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(=ジアゼパム)の一種であるロルメタゼパムで『ロラメット®』『エバミール®』などの短時間型のお薬の方が望ましいとされています。

(つまり、母乳育児中のお母さんに処方する睡眠薬・抗不安薬としての第一選択は『ハルシオン®』ではなく、『ロラメット®』『エバミール®』であるということですね。)

短時間型の半減期はおよそ10時間ですから、超短時間型よりも長くなりますが、母乳中への移行が超短時間型よりも少ないのでより安全性が高いと言えるからです。

但し『ハルシオン®』から『ロラメット®』『エバミール®』に切り替えたとしても、睡眠薬・抗不安薬の類は長期常用するタイプのお薬ではないと考えます。

これは個人的な見解ですが服用はあくまでワンポイント・リリーフというか、どうにもならない時のお守り代わりに稀に服用可能なものと考えられた方が良いと思います。

「睡眠不足気味だから受診のついでにドクターにお願いして、処方してもらっちゃおうかな?」とか、「ということは『ロラメット®』『エバミール®』をSOLANINは母乳育児中のお母さんに推奨するのか?」という訳ではないので、くれぐれもお間違い(曲解)ないようにしてくださいね。

最新のデータは下記ウェブサイトをご参照くださいね♪
国立成育医療センター「ママのためのお薬情報」
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/index.html
大分薬剤師会「母乳とくすりハンドブック」
http://www.oitaog.jp/syoko/binyutokusuri.pdf#search='%E6%8E%88%E4%B9%B3%E8%96%AC%2C%E5%A4%A7%E5%88%86'

« 中央陥没・裂状乳頭のラッチオンの注意点とは? | トップページ | 1歳代以降の子どもの卒乳について改めて考えました。 »

☆おっぱいとお薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中央陥没・裂状乳頭のラッチオンの注意点とは? | トップページ | 1歳代以降の子どもの卒乳について改めて考えました。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: