« 特に妊娠12週迄は、レバーや魚の肝の摂取にご用心。 | トップページ | 100%キシリトールのチョコレート♪(改訂版) »

2013年2月14日 (木)

おっぱいとお薬その45『花粉症時の点眼薬』(改訂版)

いよいよ花粉症の季節到来ですが、今年はどうなんでしょうか?
(今のトコロ、SOLANINは花粉症ではないので、花粉の飛散状況は体感できないのです。)

さて、花粉症の症状として、眼の充血・痒み等の不快症状が挙げられますが、授乳中は何を処方してもらったらいいのか、悩まれるお母さんもおられるかと思います。

基本的に点眼薬は、使用量がごく少量ですし、吸収される量はさらに少量ですから、おっぱいをあげていても、特に差し支えないとされています。

それでも、花粉症の方の場合、使用期間が長いから、出来るだけ安全なお薬の選択をしたいと望んでおられるのなら、この記事は要チェックですぞ。
では、まず安全性の高いお薬から順に説明します。

★アズレン・・・急性・慢性・アレルギー性結膜炎等の際の炎症を抑えます。
『AZ®点眼液』『アズレン®点眼液』等の名称のお薬です。

★クロモグリク酸ナトリウム・・・アズレンよりも作用が強い点眼薬です。
つまり、アズレンで効果が無い時に使用することになるであろう点眼薬です。
アレルギー性結膜炎の際に処方されます。
『インタール®点眼液』『クロモフェロン®点眼液』等の名称のお薬です。

★フルオロメトロン・・・これはステロイドの点眼薬です。
「ええっ?」と思うかもしれませんが、濃度が薄いので、赤ちゃんへの影響は考えなくても大丈夫と見做されます。
『フルメトロン®』『オドメール®点眼液』等の名称のお薬です。

★アシタザノラスト水和物・・・アレルギー結膜炎の際に処方されます。
授乳中は使用を控えた方がいいと言われています。
『ゼペリン®点眼液』という名称のお薬です。

★塩酸レボカバスチン・・・アレルギー性結膜炎の際に処方されます。
使用するなら授乳は中止してくださいと言われています。
『リボスチン®点眼液』という名称のお薬です。
・・・作用が強いお薬はどうしてもこのような書き方になります。
また、症状が酷くなれば強いお薬を使用しなければ症状が緩和されにくいものです。

ただ、そうは言っても、最初に書きました通り、点眼薬で局所に作用することと、超微量であることから、授乳中に使用したから断乳というのは無いと思われますが、こういうことは、“どんづまり”になる前に早いめに対処することが肝腎ですな。

最新のデータは下記ウェブサイトをご参照くださいね♪
国立成育医療センター「ママのためのお薬情報」http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/index.html
大分薬剤師会「母乳とくすりハンドブック」
http://www.oitaog.jp/syoko/binyutokusuri.pdf#search='%E6%8E%88%E4%B9%B3%E8%96%AC%2C%E5%A4%A7%E5%88%86'

« 特に妊娠12週迄は、レバーや魚の肝の摂取にご用心。 | トップページ | 100%キシリトールのチョコレート♪(改訂版) »

☆おっぱいとお薬」カテゴリの記事

コメント

教えて下さい。授乳中なのにリボスチンを点眼してしまいました。しばらく断乳しないといけないんですよね?何日位断乳しないといけませんか?子供に早く授乳させたいです。辛いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特に妊娠12週迄は、レバーや魚の肝の摂取にご用心。 | トップページ | 100%キシリトールのチョコレート♪(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: