« お勧めしたい書籍『アエラウィズベビー10月号』 | トップページ | 哺乳ストライキ6 »

2013年2月28日 (木)

おっぱいとお薬その59『ダ―ゼン®』(改訂版)

『ダ―ゼン®』はセラペプターゼを成分とする消炎酵素のお薬で、この手のお薬では先発薬でした。
これは塩化リゾチームと同じ働きをするお薬でした。

小児科領域でも処方されるお薬のひとつでもありました。
授乳中の注意点は特にないお薬でした。
帝王切開の術後から鼻炎、乳腺炎に至るまで、多岐にわたり処方されるお薬でした。

ん?「なんで記事が過去形なの?」
実はこの『ダ―ゼン®』、発売元の武田薬品工業さんが、プラセボを対照とした二重盲検比較試験で薬効が証明できなかったという結果が出たため、2011年自主回収され、市場から消滅しました。(後発薬はまだ存在しますがね。)
1968年から40年以上出回っていたお薬なのですが。(汗)
ううむ。
それってどうなんだろう?
処方していたドクターもされていた患者さんも、今更ながら複雑な心境でしょうね。

最新のデータは下記ウェブサイトをご参照くださいね♪
国立成育医療センター「ママのためのお薬情報」
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/index.html
大分薬剤師会「母乳とくすりハンドブック」
http://www.oitaog.jp/syoko/binyutokusuri.pdf#search='%E6%8E%88%E4%B9%B3%E8%96%AC%2C%E5%A4%A7%E5%88%86'

« お勧めしたい書籍『アエラウィズベビー10月号』 | トップページ | 哺乳ストライキ6 »

☆おっぱいとお薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お勧めしたい書籍『アエラウィズベビー10月号』 | トップページ | 哺乳ストライキ6 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: