« キシリトール90%以上含有のタブレット発見!(リロ&スティッチ以外)(改訂版) | トップページ | おっぱいとお薬その33『ピロリ菌の除菌について』(改訂版) »

2013年2月 2日 (土)

これまで一度もトラブル無しの方であっても。

お母さんとお子さんの相性がバッチリなのか、乳房や乳頭の形態や乳管等の構造上のものなのか、ただ単に運が良いだけなのか、ケースバイケースなのでしょうが・・・

しかし、過信は禁物ですよ。

普段は何ともなくても、例えば旦那さんが不在がちで、家事や育児の負担が多くなったり、上の子さんが病気をされ、看病疲れが残っていたり、授乳中のお子さんが体調を崩していたりすると、お母さんは体調不良に陥りがちなトコロを気合と根性で頑張っている状態なので、おっぱいの調子も狂ってしまい易いのです。

SOLANINの印象としては、何を食べてもトラブルが起きない方、どんなに授乳間隔を空けてもトラブルが起きない方、何人出産されてもトラブルが起きない方、長期授乳であってもトラブルが起きない方は、恐らく100人に2人か3人程度ですな。

SOLANINが申すトコロの100人に2人か3人の方というのは、現在進行形でおっぱいをあげている間は断言できません。

だって、盤石のように思えても、いつすっ転んでしまうか、分からないですもの。

あくまでおっぱいを卒業され、結果として、「私のおっぱいライフはトラブルとは無縁だった。」と評価出来ることなのですね。
お母さんの体調が悪い時は、普段よりおっぱいトラブルになり易いのです。
いつもより慎重にして過ごしましょう・・・油断大敵ですよ。

« キシリトール90%以上含有のタブレット発見!(リロ&スティッチ以外)(改訂版) | トップページ | おっぱいとお薬その33『ピロリ菌の除菌について』(改訂版) »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キシリトール90%以上含有のタブレット発見!(リロ&スティッチ以外)(改訂版) | トップページ | おっぱいとお薬その33『ピロリ菌の除菌について』(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: