« 妊婦さんと新生児のいるご家庭で、おたふく風邪が発生したら? | トップページ | 特に問題なさそうなのに直母が出来ない その2(レアケース) »

2013年2月19日 (火)

いつ頃から歯磨きを習慣にしていけばいいの?(改訂版)

歯磨きは歯が生える頃にはスタートして、(歯歯磨きが嫌いにならないよう)躾をしなくてはならないでしょう。

まずは食べた後、お口の中に歯ブラシを入れることに慣れてもらうことが重要です。

不自然な姿勢では歯ブラシがお口の中であちこちにぶつかってしまうので、厭になることが多いです。

赤ちゃん(お子さん)が厭がらなければ、寝かせ磨きが一番良いのですが、どうしても厭ならば、立って磨かせるのでもかまいません。

注意していただきたいのは、歯ブラシを持つやいなや磨き始めるのではなく、まずはお口の中を「観察」してください。
生えてきた歯の本数・歯の汚れ具合・口臭などをチェックします。
「観察」の後に奥歯(生えている子は・・・です。)から磨き始めます。

泣かれたり暴れたりされると、「早く磨かなくては。」と焦りますが、急いでやると、上記のようになりますので良くありません。
手早く歯磨きをするのは、赤ちゃん(お子さん)が協力的になってからです。
協力的になると、赤ちゃん(お子さん)自身がスキンシップ感覚で受け入れられるようになってきます。
お母さんの百面相や歌を歌う、お話をする(物語)のも良いですね。
お口の中がスッキリするねと声掛けをするのもお勧めです。

« 妊婦さんと新生児のいるご家庭で、おたふく風邪が発生したら? | トップページ | 特に問題なさそうなのに直母が出来ない その2(レアケース) »

☆歯科・口腔ケア関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妊婦さんと新生児のいるご家庭で、おたふく風邪が発生したら? | トップページ | 特に問題なさそうなのに直母が出来ない その2(レアケース) »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: