« テンパッた泣き方の時の宥め方は?(改訂版) | トップページ | 産後の便秘の解消と予防にはアロエがいいのかな? »

2013年3月 5日 (火)

チョコはいつから食べさせていいですか?(6ヶ月)(改訂版)

<ご相談内容>
我が子は6ヶ月になります。
完母で問題なく育っていますが、まだ歯は生えていません。
私自身がチョコレートが好きで、たまにほんの少し食べることがリフレッシュになっています。

ボチボチ離乳食を開始できる月齢にもなったので、子どもにもチョコの美味しさを味わわせてあげたいのですが、まだ早いでしょうか?
歯が生えてから甘いものを食べさせると虫歯リスクが高くなるのですよね?
であれば、歯の生えていない今だったら、そういうリスクがないのでは?とふと思ったものですから・・・

<SOLANINの回答>
そうですか、完母で6ヶ月。
それはよろしゅうございました。
今まで何事も無く育ってくれて良かったですね。
チョコレートは相談者さんの好物なのですね。
それで、赤ちゃんにもチョコを食べさせてあげられるようになるのはいつ頃がいいのか?ということですね?

虫歯のリスク、どうすればなり易いか?いかにして予防していくか?と言うことは、過去記事にもわんさか書いてきたので、ご存知かと思いますので、この記事では割愛させていただきますが、ううむ。 
相談者さんはSOLANINをおちょくっているのではないのですよね?

虫歯菌はエナメル質のように硬いものがあって初めて生きていくので、確かにまだ歯が生えていない間は、赤ちゃんのお口の中で虫歯菌が増殖する・・・ということは考え難いのですが、だからと言って、チョコのようにお砂糖が沢山入っていて甘くて濃ゆい味の食べ物を赤ちゃんにあげるということは、これから赤ちゃんの味覚を育てていくという観点やお母さんがお口の中のケア(毎日食後やおやすみ前に清潔なガーゼで拭いたり、歯磨きをする習慣&それも嫌がらずにさせてくれるレベル)がまだであるという観点から考えても、不適切ではないかと考えます。

ご自身の好物を分かち合いたいというお気持ちは理解出来なくはないですが、これから周囲の大人たちによる「甘いもの攻撃」を何度となく潜り抜け、かわしていかねばならないのが現実です。

少なくとも相談者さんが、我が子の味覚を育み、可愛い歯を虫歯にしたくないという価値観をお持ちでしたら、赤ちゃんのチョコをあげようという考えは捨ててもらった方が良いと思いますよ。

子どもの歯を守ることに日夜腐心していらっしゃる歯科ドクターは、「甘いモノの味を憶えさせるのは、なるべく後にしましょう。できるだけ3歳以降にしてください。もちろんお口のケアがしっかりできるという前提ですが。」と指導されています。

ちなみにSOLANINは、子どもが3人居ますが、3人とも3歳までにチョコを食べさせた経験は無いです。
もしかしたら私の知らないうちに近所の方から勝手に貰って食べたことや、保育園で食べたことがあるかもしれないですが、「お母さん、チョコ食べたい。チョコ買って!」とねだられたことは皆無でしたよ。

勿論、幼少時は3人とも虫歯は無かったです。
現時点でも成人した上2人は虫歯は無いままです。
どうかこのまま可能であれば、お子さんの味覚と歯を健全に育んでやってくださいね。

« テンパッた泣き方の時の宥め方は?(改訂版) | トップページ | 産後の便秘の解消と予防にはアロエがいいのかな? »

☆歯科・口腔ケア関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テンパッた泣き方の時の宥め方は?(改訂版) | トップページ | 産後の便秘の解消と予防にはアロエがいいのかな? »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: