« お母さんがお子さんに言い聞かせ納得してもらう卒乳7 | トップページ | キシリトールタブレットの摂取量・摂取方法について。(改訂版) »

2013年3月23日 (土)

食物アレルギー予防とお食事2

妊娠中からお母さんのお食事内容に気を配ることは良いことです。
例えば一般的にアレルゲンになりやすい食物として、よく知られているのが、「鶏卵」「牛乳」「小麦」の3大アレルゲンですね。
昔は「小麦」じゃなくて「大豆」でしたが。

これらの食物を完全除去というのは困難ですが、控えめにするならば出来なくはないかなと思います。
頻回かつ多量に摂取するのが、アレルギーの誘発に関与しているのは間違いないので・・・

たんぱく質は魚介類がいいですね。
種類が多いから、旬によって変化もあるし。
あっ、でも、魚卵系は避けてくださいね。
理由は、これらもまたアレルゲンになりやすいからです。

それから、調理形態の選択も大事です。
ナマは危ないです。
完全に加熱したら、反応は起きにくいことは確かです。
煮る・蒸す・茹でる・炊くなどはOK。
焼くは中が半生になってたら、アレルギー警報が鳴っている状態です。

最後にもうひとつ。
特に普段は大丈夫でも、妊娠中や産後はカラダがデリケートになっているから、どうしてもナマで食べる時は新鮮なものを選んでくださいね。

« お母さんがお子さんに言い聞かせ納得してもらう卒乳7 | トップページ | キシリトールタブレットの摂取量・摂取方法について。(改訂版) »

☆食物アレルギー関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お母さんがお子さんに言い聞かせ納得してもらう卒乳7 | トップページ | キシリトールタブレットの摂取量・摂取方法について。(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: