« まだおっぱいしか飲んでいないのに、食物アレルギー? | トップページ | お勧めしたい書籍『うちにあかちゃんがうまれるの』 »

2013年3月30日 (土)

乳歯が損傷してしまったら、放置してはいけないよ。

乳歯が損傷してしまったら、そのまま放置するのは避けてください。

「どうせそのうち抜けるんでしょう?」
「もう抜けてしまったわ。再生着は難しいって歯科のドクターに言われたけど。」
・・・という場合もあるかと思います。
確かにそのまま抜けることもあるし、再生着は難しく、いわゆる「歯抜け状態」で過ごさざるを得ないこともあるかもしれません。

でもね、放置はいけないと言うには、理由があるのです。
それはですね、後から生える永久歯の約60%に異常が見られるからです。
どんな異常かと申しますと、一番ポピュラーな所見は、永久歯の白斑です。
あっ、いや、白斑と言っても、乳頭の先に出来る憎きアイツではありませんよ。

乳歯の損傷年齢が若ければ若いほど、何らかの異常は顕れ易く、白斑以外にも、エナメル質の欠損や歯根が屈曲したり、歯根自体が形成停止したりといった歯根の形態異常や歯が生える方向や位置の異常等が起こる可能性が否定できないからです。

永久歯が生えてきて、異常が無いかどうか確認するまでは、油断せず定期的に受診をするのことをお勧めしますぞ。
恐らく、お口のケアに意識の高いお母さんであれば、虫歯の有無のチェックややフッ素の塗布等で歯科クリニックに定期的に受診されると思いますので、その際に、今後どうしていけばいいかについて、歯科ドクターに相談してみましょう。

« まだおっぱいしか飲んでいないのに、食物アレルギー? | トップページ | お勧めしたい書籍『うちにあかちゃんがうまれるの』 »

☆歯科・口腔ケア関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだおっぱいしか飲んでいないのに、食物アレルギー? | トップページ | お勧めしたい書籍『うちにあかちゃんがうまれるの』 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: