« 歯軋りが酷い場合のボツリヌストキシン注射って?(改訂版) | トップページ | おっぱいとお薬その69『クリアミン®』(改訂版) »

2013年3月10日 (日)

湯上りの赤ちゃんのボディ、どんな拭き方をしていますか?

赤ちゃんの皮膚がどんなに薄いのかは、読者のみなさんはもうご存知ですよね?

だけど、沐浴の段階でも、大きなお風呂デビューした後でも、湯上りにボディを拭いてあげる際、どんな拭き方をしていますか?

もしかして、拭き残しのないようにゴシゴシと拭いていませんか?
あっ、勿論髪の毛がメッチャ豊かな赤ちゃんもいらっしゃいますから、髪の毛はゴシゴシ拭いていただいて結構です。

でも、ボディはですね、ゴシゴシはいけませんぞ。
押さえ拭きにしてください。

えっ?
そんな拭き方で、水分が拭きとれるのか?ですって?


はい。
大丈夫です。
押さえ拭きした後、赤ちゃんの背中や肩周りの毛(ぜい毛といいます)、立っていますよね?
皮膚に水分が残っていたら、毛は貼り着いています。

でも、違いますでしょ?
皮膚にストレスを掛けない拭き方をしてあげましょうね。

« 歯軋りが酷い場合のボツリヌストキシン注射って?(改訂版) | トップページ | おっぱいとお薬その69『クリアミン®』(改訂版) »

☆赤ちゃんのスキンケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯軋りが酷い場合のボツリヌストキシン注射って?(改訂版) | トップページ | おっぱいとお薬その69『クリアミン®』(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: