« 乳首を噛まれて困っています。(1歳) | トップページ | 口腔アレルギー症候群。(改訂版) »

2013年4月 8日 (月)

生まれて直ぐからお父さんの抱っこを喜ぶ子にするためには?

普段のSOLANINは、勤務先の母乳外来のお仕事をしているのですが、土日祝日はお母さんと赤ちゃんの係になって、主に赤ちゃんのケアや授乳のお手伝い全般をしています。

もちろん検温等の訪室業務もあるわけですが、お部屋に伺う度に土日祝日は新米お父さんが日がなベッタリとベッドサイドを占拠状態ということも稀ではありません。
つまり、赤ちゃんを抱っこしまくっておられるほほえましい光景に遭遇するのですね。

但し抱っこされている赤ちゃんの反応は二極分化しておりまして、新米お父さんが抱っこした途端に号泣し始める場合と、泣いていてもピタッと泣き止んでしまう場合があるのです。
・・・「この違いは何なのか?単なる偶然なのか?抱っこのテクニックの差なのか?いやまだ抱っこのテクニックに差が出る時期じゃないぞ。何でだろう?」と思いながら過ごすこと数年。

それは先日、池川明ドクターのご著書を読んで、確信に変わりました。
妊娠中、奥さんのおなかに手を当てて、毎日短時間で良いから何度も赤ちゃんに楽しみながら語りかけておられた旦那さんの場合、泣いていてもピタッと泣き止むことが多いです。

反対に、残業・出張・当直・接待等を口実に、或いはこっ恥ずかしいからと、おなかの赤ちゃんに語りかけることが無かった旦那さんの場合、抱っこした途端に号泣する傾向が強いですね。

夫婦仲にも依るのでしょうが、旦那さんがおなかに手を当てて赤ちゃんに語りかけてくれると、手のぬくもりも声もおなかの赤ちゃんにしっかり届くのですね。
しかも、旦那さんに愛されている感じ(多幸感とでも言いましょうか・・・)が強くなるので、奥さんはβ―エンドルフィンが分泌されるのですね。
β―エンドルフィンは胎盤を通しておなかの赤ちゃんにも流れ込みます。

その日々の積み重ねが、「お父さんって良い人なんだな。お父さんのこと大好き。」という感情がおなかの赤ちゃんに刷り込まれるわけです。

その違いが差を生むのですよ。
生まれて間もない頃からのお父さんの抱っこを喜ぶ子になるか、ムズがって泣きだす子になるかという。
おなかの赤ちゃんに対する日々の積み重ねが殆ど無い場合、新米お父さんが生まれた赤ちゃんに馴染んでもらうには、かなりの時間と意識と努力が必要です。

キツいようですが、お馴染さんでないと、生まれた赤ちゃんにとって新米お父さんはそこいらへんのおっさん同然なんですね。(涙)

当たり前ですが、お父さんにおっぱいはありません。
だけど、折角これからお父さんになられるのなら、赤ちゃんから煙たがられるお父さんよりも、おっぱいに匹敵するくらいの抱っこ(スキンシップ)の達人を目指され、お馴染さんになられては如何でしょうか?

仕事場からお家に帰るのが楽しくなりますよ♪

« 乳首を噛まれて困っています。(1歳) | トップページ | 口腔アレルギー症候群。(改訂版) »

☆胎内記憶・誕生記憶」カテゴリの記事

コメント

うちの子(1歳2ヶ月♂)は、生まれたときからお父さんに抱っこされても泣きませんでした。
今もお父さん大好きです。
妊娠中、毎日オナカに向かって話しかけてました(^-^)
よく「お母さんには内緒だよ」とオナカにくっついて、小さい声で話して、なにやら秘密を共有してました(*^_^*)
息子と仲良しなのが、旦那さんの自慢ですo(^o^)o

なるほど、納得しました。うちは2人とも妊娠中家にいたことがなくて、パパが抱っこするとさらにギャン泣きエスカレートするのでパパが「俺にはなつかない」と憤慨していました。


挙げ句の果てに先日は「母乳で育てているせいかな?甥っ子(完ミルク育ち)は抱っこすれば泣き止んだのに。」と母乳育児のせいにされました…。

話しかけ足りなかったもの(;_;)

うちは妊娠中も産後も大荒れでしたが、娘はパパ命です(T_T)なぜだろう‥

愛されてるのが分かる夫婦関係、親子関係は憧れです.゚+.(´∀`*).+゚.

産まれて間もなくは主人の抱っこでも落ち着いてくれていましたが、6ヵ月を迎えた娘は、ご機嫌が悪いときは主人が何をしてもギャン泣きf^_^;
そのくせ私が抱き上げるとすぐに収まるもんだから、拗ねてしまって「何をしてもダメだから」と、たまに放置されてます(-_-#)
息子の時もそんな時があったので、そういう時期なのかなぁ?とは思うものの、家事なんかで手がはなせなかったりするとついイライラしてしまいます↓↓
お風呂もなかなかゆっくり入れないですしね。
もうしばらく続くと思いますが、しょうがないんでしょうね(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 乳首を噛まれて困っています。(1歳) | トップページ | 口腔アレルギー症候群。(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: