« オボムコイドがプラスって、どういう意味? | トップページ | 長期授乳時の片乳化について思うこと。 »

2013年4月11日 (木)

昔のミルクの驚くべき真実とは?(改訂版)

今はともかく少なくとも1980年代前半頃までの育児用粉ミルクには驚くべきことにショ糖が含まれているという資料を先日偶然に読みました。

ショ糖っていうのはですね~、フツーのお砂糖のことです。

フツーのお砂糖が入った育児用粉ミルクを哺乳瓶でチクチク時間をかけて飲んだら(そりゃあ、直母に比較したら哺乳瓶は早く飲めますよ。でも、ストローやコップで飲むのに比較したら圧倒的に時間がかかりますよね?)どうなります?

ミルクを哺乳瓶で飲んだ後、乳幼児が歯磨きすることはまずないですから、毎日の栄養補給タイムが「虫歯大増殖作戦」タイムになってしまうでないの。

そんな酷い話がつい25年くらい前まであったなんて・・・
(そりゃあ、乳児のう蝕罹患率がべらぼうに高かったわけだわ。)

ミルク屋さんはお母さんと赤ちゃんを何だと思っているのか?
儲かったらそれでいいのかって怒鳴りたくなりませんか?

尚、念のために申し添えますが現代の各ミルク屋さんの育児用粉ミルクにはショ糖は含まれていませんから安心してくださいね。

« オボムコイドがプラスって、どういう意味? | トップページ | 長期授乳時の片乳化について思うこと。 »

☆歯科・口腔ケア関係」カテゴリの記事

コメント

思いっきりドンピシャで当てはまります( ̄○ ̄;)
実母はすでに他界しているため、確認は取れませんが、確かミルク育児されていたような・・・
ショ糖入りのミルクだったんですね(-_-#)
それでも虫歯がなかったと言うことは、仕上げ研き等、しっかりやってくれていたんでしょうね。
母に感謝です。

2歳の息子は『おっぱい~』と叫びながら仕上げ研き頑張ってます。
6ヵ月の娘はまだ歯が生えていませんが、そろそろですよね~
チビちゃんたちにもしっかりケアしてあげなきゃ!ですね。

13年のブログ記事ですか?
この時も現在もがっつりショ糖入ってるミルクありますけど…
真相はなんなんですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オボムコイドがプラスって、どういう意味? | トップページ | 長期授乳時の片乳化について思うこと。 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: