« 出過ぎて怒ってしまう?(1ヶ月半) | トップページ | 食物アレルギー、ミルクにすべきか?(改訂版) »

2013年4月 7日 (日)

妊娠中絶されたお母さんからの手紙。

<ご相談内容>
先日の「虐待されるかもしれないのに選ぶのか?」という記事、今までスピリチュアルなことに疎かった私ですが読んで衝撃を受けました。
赤ちゃんのけなげさに感動しました。

しかし感動したと同時に、私は過去に中絶を経験しておりとても苦しい気持ちになりました。
まだ学生の頃だったので、親に反対され生むことは出来ませんでした。
残念ながらそれがわだかまりとなりその時の相手とは別れ、それからは1人で命日には手をあわせています。

それなのに今年は育児の忙しさで夜になるまで忘れてしまっており、そのことに物凄く罪悪感を感じています。

目の前に居る赤ちゃんは本当にかわいくて愛しい存在です。
しかし、過去のことがあり、失ってしまった子のことを想うと、「なぜボクは生んでくれなかったの?」と思われている様な気がして申し訳ない気持ちになってしまいます。
あの子が私を選んでくれていたのに、私は世の中の虐待している親と変わりない酷い母親なんだというように思うことさえあります。

申し訳ないと思いながら育児をするのが苦痛です。
でも忘れてしまうのはいけないことだと思います。
その気持ちにどういって折り合いをつけるにはどうしたらいいのでしょうか?
コトがコトだけに、友人にも夫にも誰にも相談できず悩んでいます。

<SOLANINの回答>
池川明ドクターによると、中絶もまた、赤ちゃんはお見通しとのことです。
ダウジングすると「産んだら一生苦労する。産まなかったら一生後悔する。どっちを選ぶかはお母さんがが決めていいよ。」と答えるおなかの赤ちゃんは相当数居られるそうです。

こういう書き方をすると、「池川明ドクターやSOLANINは、安易な妊娠中絶を助長しているのか?」と、早とちりしたり、誤解しないでいただきたいのですが・・・妊娠中絶を決意したら、おなかの赤ちゃんに心から謝って、産めないことを伝えたら、分かってはくれるそうです。

きっと、お母さんとなる人に、「愛があれば、いいじゃないか!」というような、生半可な気持ちでセックスしたり、「産めないかもしれないのに、厳重な避妊をしないのはいけないことなんだよ。」「お父さん、お母さん、人としてもっともっと成長が必要なんだよ。」ということが伝えたいのではないでしょうか?

赤ちゃんのお母さんとなったあなたが、いつも悲しいお顔をしていたら、そういう大事なことを伝えたくて、使命を持っておなかに宿った赤ちゃんですから、きっと悲しくなると思いますよ。
だって、お母さんを苦しめるためにおなかに来たのではないですからね。

恐らく、申し訳なく思い続けてほしいとは、願ってないと思います。
そうではなく、時々でいいですから、あの子はお空に帰って神様のお手伝いをしているのかな?元気にしているかな?と気にかけてやってくださいな。
そうすることで、お母さんの愛を感じてくれるかと思います。

そして、いつもお空の上からお母さんを見守っていてくれると思います。

« 出過ぎて怒ってしまう?(1ヶ月半) | トップページ | 食物アレルギー、ミルクにすべきか?(改訂版) »

☆胎内記憶・誕生記憶」カテゴリの記事

コメント

スピリチュアルなことはよくわかりませんが、母として人としてとても考えさせられました。
現在3人目を妊娠中で、悩みはたえませんが、できるだけ笑顔で楽しく人生を過ごせたらいいなと思いました。これからもソラニンさまのブログにお世話になります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出過ぎて怒ってしまう?(1ヶ月半) | トップページ | 食物アレルギー、ミルクにすべきか?(改訂版) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: