« 仕事復帰しておっぱいの分泌を維持するには? | トップページ | 食べたものがそのまんまうんちに出る。 »

2013年4月28日 (日)

乳首が吸われて痛いのは強く吸っているってこと?

誰にも教わったわけではないのに、赤ちゃんが乳首に吸い付くさまは、傍で見ている者にとっても感動的な瞬間ですね。
お母さんになったという実感がこみ上げてきた瞬間はいつですか?という質問に、『誕生の瞬間』に次いで多いのが『おっぱいを吸ってくれた時』というアンケート結果があるくらいです。

但し、痛いくらいに力強く・・・というのはちょっとおかしい。
授乳(直母)=痛いものという図式が成り立ってはいけないのです。
それは効果的な吸啜が出来ていないということ。
浅いか、潰してるか、歪めているか・・・

吸啜が力強いのはいいのですが、痛いはNG.。
そういう時は、一旦赤ちゃんのお口を離して、もう一度咥え直させてくださいね。
正しい吸啜を教え、赤ちゃんにマスターしてもらわないと、乳首ズタボロになっちゃいますよ。
痛過ぎて、母乳育児が出来ないなんて、悲し過ぎるよね。

« 仕事復帰しておっぱいの分泌を維持するには? | トップページ | 食べたものがそのまんまうんちに出る。 »

☆乳頭・乳輪トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事復帰しておっぱいの分泌を維持するには? | トップページ | 食べたものがそのまんまうんちに出る。 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: