« 赤ちゃんのうんちがたくさん出たら・・・ | トップページ | 保育園で胃腸風邪をもらってしまった! »

2013年4月24日 (水)

『圧抜き』とトラブル予防のお食事の摂り方。

『圧抜き』ですが、ビックリするぐらい簡単です。

出勤前に赤ちゃんにおっぱいを飲ませていても、お仕事中に乳房が張ってきてみるみるうちにパンパンになることがあります。

「あと1時間くらい後なら搾乳できるけど今は無理。」っていう時の必殺技です。
お母さんの服をめくったり、脱がなくても服の上から出来るし、時間もかからず難しい技術もいらないので仕事中にとても適した方法と言えます。

具体的な方法は次の通りです。

①服の上からご自身の乳輪のすぐ外側のラインを指先を少しすぼめるようにしながら背中の方向に向かって軽く垂直に押し込みます。
数回に分けて360度全周囲満遍なく圧迫してください。

②それが出来たら乳房基底部(=乳房の付け根)の外側部分(=時計で言えば右乳房なら7時~11時方向、左乳房なら5時~1時方向。)を親指と人差し指で挟むようにして乳頭に向かって3回くらい圧迫します。(たくさんしなくてもいいんです。)

・・・それだけなんです。

でもそれだけでパンパンだった乳房がウソのようにラクになります。
仕事中に何回しても大丈夫です。
日に日に仕事中はパンパンに張らなくなります。
しかも、お仕事以外の時間帯は赤ちゃんに飲ませてあげるだけのおっぱいが出ます。

そうそう、もちろんトラブルの予防として普段から休憩室のテーブルの上のお菓子は極力手を出さないでくださいね。(特にお仕事がお休みの日は赤ちゃんが甘えてくるのでいつもよりおっぱいの回数が増えます。なので、乳頭刺激がいつもより多くなるためその翌日は乳房が張りやすいのです。そんな時に不用意にパクパクとお菓子を食べたら・・・分かりますよね?)

揚げ物やお餅は言うまでもないですが、夏から冬にかけては果物が美味しくなりますから、ひとつも食べてはいけないのではないけれど、食べ過ぎ注意でございます。

カラダが冷えやすくなりますからね。

« 赤ちゃんのうんちがたくさん出たら・・・ | トップページ | 保育園で胃腸風邪をもらってしまった! »

☆仕事復帰とおっぱいの両立」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃんのうんちがたくさん出たら・・・ | トップページ | 保育園で胃腸風邪をもらってしまった! »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: