« 栄養教諭・養護教諭の不適切対応。 | トップページ | "下手っぴちゃん”のポジショニング選択の注意点。 »

2013年4月10日 (水)

歯医者さんの歯ブラシの¥が高いのはなぜ?(改訂版)

歯ブラシの選び方をSOLANINの勤務先のマタニティークラスで一緒にお仕事している歯科・口腔ケアの師匠に伺いました。

歯科で売られている歯ブラシはナイロンの質が上等だそうです。
(豚毛や馬毛がNGなのは知ってますよね?)

つまり、ペン持ちで磨いて1カ月は耐久性があるということ。
(グー持ちはNGだってことも知ってますよね?)

ナイロン毛の先が1本ずつ丸く加工されていて、歯茎にもやさしいこと。
(激安なのはのはブッツリと真っ直ぐに切ってあるのだそうです。)
デザイン的にはイマイチなのもありますが、中身が大事なのですね。

ちなみにTVのCMで、『歯医者さんが考えた』云々という商品がありますが、歯科関係の方の間では、「あんな持ち手の曲がったのはかえって磨き残しが多くなるから、あれは有り得ないね。」というのが通説だそうです。

素材がいいから¥がお高いのですね。(300円前後/本)
でも、お口に良い素材にものが1ヶ月持つなら・・・考えたら安いかもね。
予防が大事ですものね♪

« 栄養教諭・養護教諭の不適切対応。 | トップページ | "下手っぴちゃん”のポジショニング選択の注意点。 »

☆歯科・口腔ケア関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 栄養教諭・養護教諭の不適切対応。 | トップページ | "下手っぴちゃん”のポジショニング選択の注意点。 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: