« 離乳食開始して、下痢に気がつくか心配です。(5ヶ月) | トップページ | 仕事復帰に備えて授乳回数をどうするか?(生後10ヶ月) »

2013年5月 4日 (土)

10ヶ月断乳という発想は過去の遺物ですよ。

ひと昔ふた昔前は母乳育児をしているお母さんであっても、その殆んどの方が判で押したように《10ヶ月》で断乳していました。
その理由はいくつかあって、伝聞と自分の経験を踏まえて当時を振り返ると、
★」「10ヶ月健診でC4(=カリエスフォー)の写真を見せられて、おっぱいは虫歯の元ですから、続けていると、こういう風に歯が溶けて大変なことになりますよ~と歯科衛生士さんに脅されたから。」

★「1歳を過ぎると、おっぱいに執着して、何日も大泣きさせないと、止められなくなるし、今ならさほど執着しないから止め時っていうか絶好のチャンスなのよね~と保健師さんに言われたから。」

★「早くおっぱいを切り上げないと、子宮や卵巣が干からびて次の子を授かりにくくなるし、次の子を希望していなくても女性ホルモンが出にくくなるから、それは問題だとおばあちゃんに忠告されたから。」

★「次の子を授かって、授乳していたら、流産の恐れがあるぞ~と産婦人科ドクターに凄い剣幕で叱られたから。」・・・などなどです。

しかし昨今では、10ヶ月はまだまだお母さんとの繋がりが必要な時期であり、早めの断乳は早い自立とは無関係だと言うことが分かってきました。

お母さんが傍にいてくれたら、暫くは「一人遊び」が出来ますが、お母さんの姿が見えないと大声で泣き叫んだり、探しまわったり、普段接触しない人に対する警戒心(=人見知り)が激しくなる・・・といえば、思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

赤ちゃんだって凹む時がります。
怖かった時、寂しかった時、痛かった時、眠かった時、不安だった時・・・はお母さんに抱っこされておっぱいをもらうことで、凹んだことがリセットできるのです。

また、頑張るぞチャレンジするぞというモチベーションが湧きあがるのです。
ということは、この時期に断乳をすることは、赤ちゃんのココロの拠り所を取り上げることで、本来受けなくてもよかったストレスを受けることになりますから、赤ちゃん主体に考えると、間尺に合わないことと言えます。

赤ちゃんはお母さんに守られることで、自分の力を養い、自立への意欲が高まります。

なので、『たまたま赤ちゃんが自然におっぱいを欲しがらなくなる』という、自然卒乳ということでなければ《10ヶ月》だから、周囲の妄言に振り回されての断乳は止めときましょうね。

« 離乳食開始して、下痢に気がつくか心配です。(5ヶ月) | トップページ | 仕事復帰に備えて授乳回数をどうするか?(生後10ヶ月) »

☆断乳は反対!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 離乳食開始して、下痢に気がつくか心配です。(5ヶ月) | トップページ | 仕事復帰に備えて授乳回数をどうするか?(生後10ヶ月) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: