« 連休中に断乳するから何とかしてですって?冗談じゃないっ! | トップページ | 冷凍母乳の取扱いについて。 »

2013年5月11日 (土)

B型肝炎から家族を守る!その2

赤ちゃんへの垂直感染(=母子感染)は防御できたとして、旦那さんはどうなるのか?
というギモンが湧いてくると思います。
水平感染(=夫婦間感染)も血液を介して感染します。
例えば局部が怪我をしている時に、性生活をすれば感染の可能性大です。

「わざわざ病院に行くのもナンだしなぁ。」というお父さんは、職場健診や人間ドックの際にお願いして採血をしてもらったら感染しているか否かは判明します。
HBe抗原が(+)ならば、感染の可能性大なんですね。

こればっかりは、個人で頑張ればどうにかなる・・・って言うものぢゃ有りません。
1回は検査してもらいましょう。
検査を受けなくちゃ感染の有無は判断出来ません。

また、B型肝炎のワクチン接種は、年齢的なリミットがあります。
臨床的に見ていますと、おおむね40歳以上の方に接種しても、HBs抗体は出来にくかったり、一旦出来てもすぐに消えたりしがちです。
可愛いお子さんのためにも、B型肝炎のワクチンは接種した方がいいと思います。
もし、気づかぬうちにキャリアになったら・・・これまで通りに仕事が出来なくなったり、入院せねばならない事態にだってなるかもしれません。
40歳までの旦那さんで、HBs抗体(-)の方は、今が防御のチャンスだと思ってくださいね。

このB型肝炎のワクチンは、血液に触れる可能性のある医療関係者ならば、HBs抗体を作るために接種しています。
なかなかHBs抗体が出来なくて、毎年受ける方もおられます。

ちなみに、SOLANIN自身についてですが、B型肝炎のワクチンの接種していませんが、何故か、20歳以降にHBs抗体だけが出来ました。(高校卒業時、進学先に提出する検診での血液検査の結果は、HSs抗体(-)でした。
実家の家族は誰も抗原はおろか抗体もありません。

内科のドクターには、「若い頃、軽い感染をしたのでしょう。」とサラッと言われましたが、思い当たるフシは全くありません。
未だに謎です。
もちろん旦那も調べてもらいましたが、抗原も抗体もありません。
子どもたちも。
SOLANINは誰かに感染させることはないけれど、B型肝炎の患者さんが来られても、HBs抗体があるから怖くないです。

« 連休中に断乳するから何とかしてですって?冗談じゃないっ! | トップページ | 冷凍母乳の取扱いについて。 »

☆母子感染」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休中に断乳するから何とかしてですって?冗談じゃないっ! | トップページ | 冷凍母乳の取扱いについて。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: