« 白斑を針で突くのは止めようではありませんか! | トップページ | 言い聞かせで、母子分離を乗り越える。(2歳2ヶ月) »

2013年5月28日 (火)

赤ちゃんが吸いつく時に“えずく”んです。

おっぱいに吸い付かせ用とすると、赤ちゃんが“えずく”ことがあります。
“えずく”・・・って分かりますか?
方言ですかね?
吐き気を伴い「おえ~!」っとなることを、“えずく”と言います。

たくさん飲んだ後というわけでもないのに、吸い付こうとするやいなや「おえ~っ。」となるのは、もしかしたら、おっぱいが不味いからかもしれません。

普段はそんなことは無いのに反屈したり、首を左右に振り回したり、手足を激しくバタバタさせることもあり、飲ませようにも飲ませられなくなります。

特に“えずく”ことと、肛門周囲が赤く爛れたり、こまめにおむつを交換している(しかも、極力擦らずに、洗い流すようにしている。)にもかかわらず、おむつかぶれが中々改善しないことが同時に表れている場合はお母さんの体調が悪いか、食事に問題があるかの理由でおっぱいの品質に問題があることを意味しています。

このような場合は乳頭。・乳輪に溜まったおっぱいを少し搾りだして乳房を暑いお湯で搾ったタオルで3分間くらい温めてから、おっぱいの品質係長さんに「ごめんね~。」と謝って飲んでもらいましょう。

「すわ、哺乳ストライキか?」と焦るでしょうが、それでも夜間は寝呆けるのか、わりかしすんなりと吸い付いてくれます。

必死にこまめに飲ませていくことと、おっぱいに良くないものを控えることで、でおっぱいの味が段々復旧してきますから、お母さんは努力してこの難局を乗り切ってくださいね。

« 白斑を針で突くのは止めようではありませんか! | トップページ | 言い聞かせで、母子分離を乗り越える。(2歳2ヶ月) »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます!お元気ですか?
次男も生後10ヶ月になりました。順調に母乳育児を楽しんでいます♪

が、なんと不覚にも一昨日初の乳腺炎になってしまいました。
「先週次男が初めて発熱し、オッパイばっかり飲んでいたのが、また離乳食をしっかり食べるようになった直後だった」「妙に甘いものが食べたくてチョコビスを立て続けに食べた」「次男がオッパイで遊ぶことが増え、よく噛まれていた」「疲労蓄積」など色々要因が重なったのもあります。怪しいなと思って舐めてみたら、しょっぱい所がが1ヶ所あり、色も黄色くてビックリ!搾乳したり、飲んでもらったり、葛根湯を飲んだり、冷やしたりとあがいてみましたが、たった2時間で発熱し産院に駆け込みました。

熱は39度まで上がったけど、その後は自然に下がりました。

助産師さんには搾ったり葛根湯飲んだりしていたことに驚かれました!!

SOLANINさんからの知識のお陰です♪

今回は詰まったというより、菌が入ったのかな?という感もありますが、油断大敵ですねf(^_^;)

さてテーマからそれてしまいましたが、「えずく」について。

私、乳頭が大きすぎるため、産前のオッパイチェックで「過大乳頭」と書かれました。
大きくてなにか問題がありますか?と尋ねたら、「赤ちゃんがえずきます」と言われました…。

長男はえずいたことはありませんが、次男には月齢が小さいうちは時々えずかれました。


ちょっとそれを思い出した、今回のテーマでした!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白斑を針で突くのは止めようではありませんか! | トップページ | 言い聞かせで、母子分離を乗り越える。(2歳2ヶ月) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: