« 搾乳器あれこれ・・・(改訂版) | トップページ | アメリカ国内の公共の場でおっぱいをあげるとどうなるか? »

2013年5月17日 (金)

乳口炎(白斑)の治療期間について。

<ご相談内容>
乳口炎(白斑)についてお聞きしたいことがあります。
1か月半、乳口炎(白斑)と格闘し、自分なりに色々と気をつけましたが治ることなく過ごしていました。
が、このブログを読み、口内炎の薬をつけはじめて10日、乳口炎(白斑)が出てくることが、初めてなくなりました。
(今までは、1週間に1~2度の割合で乳口炎(白斑)が出てきてました。)
これは、治ったと考えていいのでしょうか?
お薬の塗布を止めたらまた乳口炎(白斑)が出来るのではないかと不安があり、塗布を続けています。
もう塗らなくてもいいのでしょうか?
実は1人目からずっとおっぱいトラブルに見舞われていた私。
思い当たる部分がたくさんありました。
育児や家事をパートナーに分担してもらいにくい環境。
またそれに伴うストレス。
かなりの早食い。
しかも便秘症。

おっぱいトラブルを起こしがちなタイプに当てはまると気づき、まずはゆっくり食べることから心がけ、そしてゆったり過ごすように気をつけることにしたのです。
そんなふうに過ごしはじめてから、不思議と便秘も少しずつ改善され、おっぱいの調子も良くなってきた気がします。
この調子で、母乳育児を続けていきたいと思います!
薬を塗らなくてもいいと判断するタイミングだけ、アドバイスください。
よろしくお願いします。

<SOLANINの回答>
乳口炎には口内炎のお薬が良く効きます。
口内炎のお薬を塗布していても、あまりにも繰り返している場合は抗生物質の入った軟膏を口内炎のお薬の上に重ね塗りしなくてはならないこともありますが。

しかし今回は、口内炎のお薬の塗布開始10日にして乳口炎(白斑)が消失したのですね。
ひとまずはおめでとうございます。
で、肝心のお薬を塗布する期間ですね。

①仮に乳口炎(白斑)が2~3日くらいで消えた場合でも、最低7~10日間は、毎回の授乳後お薬の塗布とラップを欠かさない。(お薬の塗布の際は少しおっぱいを搾り出してから塗るのが効果的です。)
②肉眼的に乳口炎(白斑)が確認できなくなってから、3日間以上経過している。
③おっぱいの最中や飲み終わった後にビリビリ・チクチクするような乳口炎(白斑)に特徴的な痛みが無い。
④胃腸の調子は悪くない。(良くないものを食べ続けると胃腸の調子は悪くなる。)

・・・の条件が揃えば今直ぐに止めても、まず大丈夫です。

また、これまでの経緯を考えると、再発防止に備えごぼう子の服用か、そこまでしなくてもごぼう茶を飲まれるのも良いかと存じます。
最悪、再発しても重症化しないので。

« 搾乳器あれこれ・・・(改訂版) | トップページ | アメリカ国内の公共の場でおっぱいをあげるとどうなるか? »

☆乳頭・乳輪トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 搾乳器あれこれ・・・(改訂版) | トップページ | アメリカ国内の公共の場でおっぱいをあげるとどうなるか? »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: