« 搾乳の保管と運搬について。(7ヶ月半) | トップページ | パワーとテクが向上するまでは。 »

2013年5月20日 (月)

仮性陥没乳頭を咥えさせる際の注意。

仮性陥没乳頭であっても、妊娠中の乳頭・乳輪ケアを懸命に頑張れば、産後直ぐから直母することは可能です。
しかし、直母できたのも束の間、吸啜時の乳頭痛を訴えられるお母さんはかなり多いです。
「この吸いにくい乳首でよく吸ってくれるなって思うんですが、とにかく痛くて・・・」と嘆かれます。
さて、どうしたものか?

良い方法があります。
まず、吸啜させる前に乳頭を摘み出して突出させます。
そして、普段内側に巻き込んでいる乳頭頂部分に乳汁をたっぷり塗布してから、赤ちゃんに含ませるのです。
そうしたら、あら不思議。
乳頭の吸啜時の痛みが無いんです。
是非お試しくださいね。

« 搾乳の保管と運搬について。(7ヶ月半) | トップページ | パワーとテクが向上するまでは。 »

☆乳頭・乳輪トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 搾乳の保管と運搬について。(7ヶ月半) | トップページ | パワーとテクが向上するまでは。 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: