« 微弱陣痛は大変です!その3 | トップページ | 微弱陣痛は大変です!その4 »

2013年7月17日 (水)

うかっりしがちなこと。

うかっり(←おいおい!“うっかり”やがな。)しがちなことですが、乳房トラブルの際、しないでほしいことがあります。
それはですね~、患側(かんそく・・・具合の悪い方)乳房の添い乳です。
「ええっ!知らなかった!どうして?」ですって?
では、説明します。

一般的に添い乳は、お母さんの身体を側臥位(そくがい・・・つまり横寝ですな)にして、身体の下側の乳房を飲ませますよね?
そうすると、下側になる乳房にモロにお母さんの体重が掛かってしまい、敷き布団との間でかなりの圧迫を生じます。
添い乳すると、お母さんもそのまま眠っちゃったりするでしょう?
そうすると、その圧迫が長時間になるって訳です。
只でさえ、乳房トラブル時は乳房の血液循環が悪くなっているので、患側の乳房で添い乳をすると、それに拍車をかけることになってしまうからです。

早い話、治りが遅くなっちゃうのですな。
ですので、止めておきましょうね。

勿論、乳房トラブルに無縁の場合は、誰憚ること無く、通常通り添い乳しちゃってください。
また、片方が乳房トラブルになっても、健側(けんそく・・・反対側の乳房トラブルを起こしていない側)での添い乳はしても大丈夫ですから安心してください。

« 微弱陣痛は大変です!その3 | トップページ | 微弱陣痛は大変です!その4 »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 微弱陣痛は大変です!その3 | トップページ | 微弱陣痛は大変です!その4 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: