« 出産時のお部屋は個室?それとも相室? | トップページ | お父さんもおなかの赤ちゃんにお話してね! »

2013年8月11日 (日)

おなかの赤ちゃんとお話していますか?

突然ですが、胎教ってどんなことをすると、イメージしますか。
モーツアルトを聴くことですか。
展覧会に行って名画を鑑賞することですか。
それとも、フラッシュカードで、お勉強させることですか。
マタニティーヨガを習いに行くことですか。

どれも当てはまるかな。
でも、ちょっと違うような・・・。

私はおなかの赤ちゃんを慈しむ気持ちで、おなかに手を置いて語りかけることだと思うんです。
かといって、あまり意識すると舌が噛みそうになるから、目の前にいる人に喋るつもりになって、肩のチカラを抜いてリラックスしてね。

「今日は雲ひとつない青空で気持ちが良いね♪」

「このお花いい香りがするでしょう?」

「晩御飯は、お魚を焼くね。デザートは苺。美味しいんだよ!」

「お母さんね、○○さんの歌が大スキなの。良いと思わない?」

などなど、何でもいいんです。

赤ちゃんの聴覚は特に問題がなければ、妊娠5~7ヶ月頃には十分に外界の音や話し声は聞こえているのです。
人の声を聞き分けているそうです。
どんなに忙しくても、1日に1回はおなかの赤ちゃんに語りかけてみてね。
赤ちゃんはお母さんに語りかけてもらうのを待っていますから。

« 出産時のお部屋は個室?それとも相室? | トップページ | お父さんもおなかの赤ちゃんにお話してね! »

☆妊娠中にしておきたい心と体の準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出産時のお部屋は個室?それとも相室? | トップページ | お父さんもおなかの赤ちゃんにお話してね! »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: