« 乳房トラブルでマッサージを受けた日は。 | トップページ | 乳腺炎で切開しなくちゃならないの? »

2013年8月 7日 (水)

じゃがいも湿布は良く効くけど、カブレて困る時は?

助産院の先生は乳腺炎になったら里芋粉を水で練って布に塗り伸ばし、「里芋湿布」をしたらよいと、ご指導なさることが多いと思います。
でも、自然食品店か助産院でもなければお手軽に里芋粉は購入できないし、溶き方や体質によっては痒くなりがちなのが難点です。

ですので、昨年、もう少しお手軽かつリーズナブルで痒くなり難い湿布ということで、「じゃがいも湿布」を作り方をご紹介した次第です。
しかしながら「じゃがいも湿布が使えない。」という方が出現され困っておられることを知りました。

<ご相談内容>
昨日で3ヶ月になった男の子を完母で育てています。
こちらのブログを拝見しトラブルが多いおっぱいですが、何とか頑張っています。

産後一ヶ月過ぎに乳腺炎になって以来、三回なっってしまいました。
そして、三回目になった時から、じゃがいも湿布にかぶれるのか、赤ちゃんの顔中に湿疹がでるようになりました。
今回も、また硬結ができてきてこのままいくと熱発しそうなので、じゃがいも湿布を一度してみたのですが、やはり赤ちゃんの顔中に湿疹が出ました。
赤ちゃんがかわいそうに思えて湿疹は中断しましたが、おっぱいにはじゃがいも湿布が効いているので悩みます。
里芋は私がかぶれるのでしていません。
良い方法がありましたら、お手すきの時でかまいませんので、お教えください。

<SOLANINの回答>
本来「じゃがいも湿布」はカブレにくさが利点なのですが、大勢の中には合わない方も居られるということなのかもしれません。
仮に本当に、「じゃがいも湿布」で赤ちゃんに湿疹が出たとしたら、もしかしたら食物アレルギーの可能性が無きにしも非ずです。
何が怪しいか特定するにはどうすればいいか?
まず、小麦粉を混ぜる代わりに上新粉(米の粉)を混ぜて「じゃがいも湿布」を作成して貼り付けてください。
それでも出るならばじゃがいもを抜いてペースト状の水溶き小麦粉を貼り付けて、反応があるかどうか確かめてください。
3カ月では血液検査等をしても、結果が出ないかもしれませんが、しかるべき時期が来て調べてもらったら黒白ハッキリするかもしれません。

その中で簡単かつ効果大なのが「悟飯」もとい、「ご飯湿布」です。
出来れば炊き立てが良いのですが、白ご飯を杓子に1杯取り、それを笊に入れ、軽く水洗いして、ぬめりを少なくします。
ご飯の水気を切って、手の中にご飯粒を集め、クチャクチャ揉みこみ五平餅のようにします。
それを平らに延ばし、直接患部に貼り付けます。
ご飯粒が下着にくっつかないように、表面はガーゼで覆った方がいいです。
じきにパリンパリンに干からびたら、ベリベリと剥がし、また、新しい「ご飯湿布」を貼り替えていくのです。

炊き込みご飯やパエリアでなければ、すぐに作成・貼り付けともに可能だと思います。

« 乳房トラブルでマッサージを受けた日は。 | トップページ | 乳腺炎で切開しなくちゃならないの? »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 乳房トラブルでマッサージを受けた日は。 | トップページ | 乳腺炎で切開しなくちゃならないの? »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: