« B群溶連菌の治療について。 | トップページ | 妊娠中の鉄欠乏性貧血は出来るだけ早く治しましょう! »

2013年9月22日 (日)

妊娠中の浮腫みに注意!

毎日量的に食べ過ぎないように注意され、勿論お菓子類は絶対食べない、甘いジュースも飲まないというストイックな食生活をして、適度にウォーキングやヨガ等も行い、運動不足でもないのに、何故か体重がババーンと増える妊婦さんが居られます。

もしかしたら、それは妊娠浮腫かもしれません。
あるデータによれば妊娠するとカラダに水が溜まり易くなるのは生理的なことで、妊婦さんの30%前後に見られ、軽度のものは止むを得ないという考え方もありますが・・・
そこに塩分を多めに摂取することが重なると、生理的な状態を超えた浮腫みが発生します。
妊婦さんによってはビタミンB1の欠乏、たんぱく質の不足、貧血等も浮腫みの原因となります。
浮腫みは夕方から脛に見られることが多いですが、万一早朝から脛が浮腫むとか、おしっこの量が極端に減るとか、体重増加が1週間に450g以上見られる時は要注意です。
タンパク尿や高血圧等の症状が顕れるのは時間の問題かもしれません。
つまり、もしかしたら妊娠高血圧症候群の前兆かもしれません。
それはおなかの赤ちゃんがとても危険な状態に晒されているかもしれないってことです。
早めに主治医に相談してみましょう!
場合によっては、入院加療となるやもしれませんが、ダダを捏ねて渋ってはいけませんよ。

« B群溶連菌の治療について。 | トップページ | 妊娠中の鉄欠乏性貧血は出来るだけ早く治しましょう! »

☆妊娠中に起こり得る病気の治療・マイナートラブルの対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« B群溶連菌の治療について。 | トップページ | 妊娠中の鉄欠乏性貧血は出来るだけ早く治しましょう! »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: