« 妊娠中の乳頭・乳輪ケアは何としてでも行ってくださいね! | トップページ | ペチャパイは定期的に乳房マッサージしないとおっぱいが出ない? »

2013年9月 5日 (木)

楔状硬結(くさびじょうこうけつ)とは?

楔状硬結(くさびじょうこうけつ)って、何なのでしょう?
恐らくですが、助産師の中でも、乳房ケアには疎い方はご存じないかもしれませんね。

文字通り、楔状というのは、物と物の継ぎ目にV字型に打ち込んで止めたような状態を指します。
平たく言えば、ガチっと深く、あたかも根っこ(←この場合、乳房基底部)に喰い込むように動かない様子ということです。

うっ滞性乳腺炎では、硬結は出来ても、楔状であることはまず有りません。
では、楔状とはどういう状態かと申しますと、感染性乳腺炎の場合に触知されるものです。
撫でるような触り方であったとしても、尋常じゃないレベルで痛がられますし、高熱と患部の発赤が認められます。
その部位からは乳管開口部が閉塞しているわけでもないのに、全くと言っていいくらい排乳が出来ません。

こんな言い方をするのはナンですが、こういう場合、どんなに高い技術を持っていようとも、乳房マッサージだけでどうにかなるものではないと思います。

患者さんの苦痛軽減と一日も早い回復のために早く見切り(?)をつけて、産婦人科ドクターに抗菌薬の処方をお願いするのがスジだと思われます。

« 妊娠中の乳頭・乳輪ケアは何としてでも行ってくださいね! | トップページ | ペチャパイは定期的に乳房マッサージしないとおっぱいが出ない? »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妊娠中の乳頭・乳輪ケアは何としてでも行ってくださいね! | トップページ | ペチャパイは定期的に乳房マッサージしないとおっぱいが出ない? »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: