« お勧めしたい書籍『寄り添って、寄り添われて』 | トップページ | おなかの赤ちゃんの腎臓が腫れていると言われて心配! »

2013年10月 1日 (火)

一番早い場合、2時間後に症状発現することがあります。

お母さんの食べたものがおっぱいになります。
それは当ブログの以前からの読者さんであれば、みなさん良くご存じの基礎知識かと思います。
それと関連していることなのですが、おっぱいにあまり良くないと言われる食べ物や以前乳腺炎の原因になったであろう食べ物を口にして、最短で乳腺炎の症状が発現してくるのに、どの位の時間を要するのかと申しますと、少なくとも私の経験では2時間後という方が複数人おられます。

乳房トラブルを繰り返し、乳腺炎の予兆に敏感になっていらっしゃるお母さんからの報告ですから、間違いないと思います。
大抵は、普段は食べ物には人一倍注意しつつも、たまに美味しそうな頂き物(=この場合、おっぱいに良くないと言われる食べ物)があったりすると、箍(たが)が緩んでしまうのか、ほんの一口しか食べていないのに結果的に乳腺炎再発というパターンでした。

食欲の秋ですが、、まだ夏の疲れが残っている時期なので、おっぱいにあまり良くないと言われる食べ物は控えめにしましょうね。
手痛いしっぺ返しがあるやもしれませぬゆえ。

« お勧めしたい書籍『寄り添って、寄り添われて』 | トップページ | おなかの赤ちゃんの腎臓が腫れていると言われて心配! »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お勧めしたい書籍『寄り添って、寄り添われて』 | トップページ | おなかの赤ちゃんの腎臓が腫れていると言われて心配! »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: