« 吸啜刺激は母乳分泌を増加させるその2 | トップページ | 赤ちゃんが血の混じったおっぱいを吐く。(若干改訂版) »

2013年10月14日 (月)

心配のない吐乳。

風邪をひいて、咳が激しいと、ガバっと吐乳することがあります。
咳の勢いで、出してしまうだけなので、吐乳自体は心配ありません。
ただし、万一、吐いたおっぱいが気道に入ってしまったら、窒息や肺炎を起こす危険性がありますから、よ~く注意して見てあげてくださいね。

吐乳の際に気をつけるべき症状としたら、熱発・重症の下痢・けいれんなどです。
ぐったりしている時、続けざまに苦しそうに吐くかなど、チェックポイントをクリアーしていれば心配ご無用です。

でも、例えば風邪症状が続くならば、慌てなくても大丈夫ですから、是非とも1度は小児科へ受診してください。

« 吸啜刺激は母乳分泌を増加させるその2 | トップページ | 赤ちゃんが血の混じったおっぱいを吐く。(若干改訂版) »

☆赤ちゃんの身体の特徴とケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 吸啜刺激は母乳分泌を増加させるその2 | トップページ | 赤ちゃんが血の混じったおっぱいを吐く。(若干改訂版) »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: