« 心配のない吐乳。 | トップページ | 赤ちゃんがお母さんから貰う免疫について★胎盤由来。 »

2013年10月14日 (月)

赤ちゃんが血の混じったおっぱいを吐く。(若干改訂版)

どう考えてもビタミンK欠乏症ではないし、妊娠中からの血乳の残存が後を引いているわけでもないのに、赤ちゃんが血の混じったおっぱいを吐くことがあります。

考えられることは、二つ。
ひとつはお母さんのおっぱいを噛んでしまい、乳首から血が出た時。
ふたつめは赤ちゃんの鼻の粘膜が切れて、鼻血が出た後、飲み込んでしまい、気持ち悪くなった拍子に吐いてしまった時。

出血はほんの一時的なものの筈ですから、様子を見てやってくださいね。
乳首の傷のケアを行ったり、鼻血が止まったら、そういうことは無くなると思います。

« 心配のない吐乳。 | トップページ | 赤ちゃんがお母さんから貰う免疫について★胎盤由来。 »

☆赤ちゃんの身体の特徴とケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心配のない吐乳。 | トップページ | 赤ちゃんがお母さんから貰う免疫について★胎盤由来。 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: