« お母さんがぎっくり腰になってしまったら?(若干改訂版) | トップページ | 効果的な吸啜が出来ず、飲み下すことが続くと。(新生児期) »

2014年3月31日 (月)

搾乳の出方と直母の時のおっぱいの出方は違う。(2ヶ月)

<ご相談内容>
はじめまして☆ 
2ヶ月の男の子のママです。
子どもはできるだけ母乳で育てたいと思い、妊娠中から<最強母乳外来>を読ませていただいていました。
出産してからは、読者登録させていただいて、かなり読み漁りました(^_^)v

今完母で育てられているのですが、2902gで生まれて1ヶ月健診時に体重が3385gまでしか増えておらず、24g/日でした。
母乳が足りないのかと思い、測ってもらったところ、直母で120g飲んでいました。
助産師からは「これだけ飲んでいれば体重は増えるはずだから2ヶ月まで様子を見てみて」と言われました。

そして生後51日で家の体重計で私と一緒に乗って測ってみたところ大体4600gありました。
結構体重が増えたので、これで心配いらないんですかね?
 
あと、できるだけミルクを足したくないので私が外出する時ように搾乳をして冷凍しています。
でも搾乳をしても40ミリリットルから80ミリリットルしか搾れません。
…ということはいつも母乳量が足りていないんじゃないかと思ってしまいました(>_<)

主人の両親と同居しているのですが、子供が体重があまり増えなくて他の子より小さいのは私の母乳不足じゃないかとか、もっと赤ちゃんはゴクゴク飲むものだとか言われて精神的に参ってしまいます。
お時間があるときで構いません。回答を頂けないでしょうか?

<SOLANINの回答>
お時間のあるときでは遅いような気がしましたので、早めに回答します。
まず、最初の1ヶ月の体重増加ですが、あまり泣かない子は、授乳が1クールで終わることが多く、1クールでは必要量が飲める子はまだ少ない時期なのですね。
8~12回/日飲ませてあげても、毎回2クールではなかったとのことですので、その辺りに体重が増えにくい要因があったのではないかと思われます。

但し、ひとつ確認したいのですが、24g/日というのは何処から計算してますか?
生後○日目ときちんと記載してないので、何とも言えませんが、生下時から2~3日はどんな赤ちゃんであっても生理的体重減少がありますしね。
単純に申し上げても生下時体重の10%分は赤ちゃんのお弁当・水筒として消費される分ですから、相談者さんの赤ちゃんであれば、体重減少しても2612gまでの減少だったら減少としては多すぎということはありませんよ。
ありがちな計算ミスではないでしょうか?
最低体重時か退院時からだったら、もう少し増えてるのでは?

それから次に、現在の体重ですがよく増えてます。
完母で順調ですよ。
スタミナが付いてきたから以前よりも2クールがスムーズに出来るようになったか、顎のチカラが強くなってきたから1クールでもたくさん飲めるようになったのでしょう。

さらに、搾乳の件ですが、たまにするくらいですね。
NICUに赤ちゃんが居られるお母さんのように搾乳が仕事レベルという訳ではないですから、技術的な問題もありますし、普段直母ばかりのお母さんだったら搾母は直母の半分くらいの分泌であることが多いです。
40~80ml/回も搾れるのでしょう?
嘆くような少ない量だとは思いませんね。
大体、4kg台の赤ちゃんの1回量は80ml前後ですし、今の体重(4600g?)だったら、1日かかって、650~700ml/日程度も哺乳しておられたら充分ですよ。
1回毎に搾れる量も違えば、直母量も違って(≒多少のムラがあって)当然です。
お母さんは母乳製造マシーンではないし、赤ちゃんも哺乳マシーンではないですよ。
人間なんです。

搾乳の有効期限や取り扱いについては、『最強母乳外来・フェニックス』でいえばPC画面右側に羅列しているカテゴリー別の☆記事を読んでいらっしゃいますよね?
あのようにしていただいたら、無駄がなくなりますし、過不足もなくなりますよ。

最後に義父母とのご同居、毎日お疲れ様です。
何気ない言葉が突き刺さって苦しくなることがありますね。
義父母さんの世代はミルク育児全盛期でしょうから、おっぱいのことを正しく理解している方はまずもっていないと思います。
おっぱいとミルクは似て非なるものですから、「はいはい。」と聞き流せばいいです。
それより、旦那さんは何してんだか・・・奥様である貴女を庇うくらいで丁度なのに。
キーパーソンの旦那さんの動向が気になります・・・

最初の1ヶ月は増え方が少なめだったとしても、次の1ヶ月で挽回する赤ちゃんは相当数いらっしゃいます。
決してひもじい思いをさせているのではないのですから、どうか自信を持って毎日おっぱいをあげてくださいね。
自信がなくなりそうになったら、該当する過去記事やこの記事を画面保存して何度でも読み返しましょう。
どう考えても分泌に問題なさそうですから、安心してね。

« お母さんがぎっくり腰になってしまったら?(若干改訂版) | トップページ | 効果的な吸啜が出来ず、飲み下すことが続くと。(新生児期) »

☆母乳分泌・不足感」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
どうしてもお礼を伝えたくてコメントしてしまいました。

お兄ちゃんの時は無知で、混合からミルクになってしまいました。なので今回は意地でもおっぱいだけで頑張りたかったんです!

でも、持病があり妊娠中から安定剤を服薬。そのお薬では授乳出来ないと聞いたのは産後でした。
予定帝王切開で不安定になると困るので伝えられなかったそうです。
すぐお薬を変えてもらい、2週間後からおっぱいをあげて良いと許可を貰いました。
おっぱい初日は直母が14。
翌週26。
翌々週32。と少しずつですが増えていき、2ヵ月になった日から完母になれました!

もう情けなくて泣きながら搾乳したり、授乳したりでしたが、ソラニンの記事を読んで自分を奮い立たせました。
2週間も哺乳瓶で乳頭混乱になってしまったのに、おっぱい吸ってくれた息子にも感謝です!

3ヵ月で6700g。生まれは3034。
日に44g位増えています。
今はキョロキョロニコニコしながら飲むのが悩みです。
本当に嬉しい悩みです。
ソラニンありがとうございました!
おっぱいいらないって言われるまで授乳します!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お母さんがぎっくり腰になってしまったら?(若干改訂版) | トップページ | 効果的な吸啜が出来ず、飲み下すことが続くと。(新生児期) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: