« ふにゃふにゃおっぱいでも、ほんとに出るの?(7ヶ月) | トップページ | 子育て支援の中心は、託児なのか? »

2014年3月29日 (土)

お母さんが帯状疱疹になってしまったら?

抵抗力と言えばカテゴリー「☆おっぱいとお薬」シリーズのヘルペスの時の抗ウイルス薬の記事や先日の「熱のはな」の記事でも授乳中でも大丈夫と書いたかと思います。
今回は帯状疱疹になってしまわれたのですが、この病気は水痘や「熱のはな」の仲間のウィルスによる病気で感染ります。

外用薬と内服薬を併用していくことが多いのですが、外用薬としては『アラセナA®』・『ビフビン®』・『ゾビラックス®』などの軟膏、内服薬としては『ゾビラックス®』・『バルトレックス®』などです。

赤ちゃんに感染ると大変ですから、早く治すに限ります。
授乳中であってもこれらのお薬は大丈夫です。

皮膚科でもお薬は処方してくださいますが、これまたおっぱいのことにお詳しいドクターばかりとは限りません。
何気に「授乳中なんですが大丈夫ですか?」と尋ねたら「お薬使ってる間はおっぱいは搾って捨てなさい。」なぁんて言われるのがオチです。
もちろん、言われてもそれは不適当なことですから、「あぁそうですか。」と、受け流してくださいね。

« ふにゃふにゃおっぱいでも、ほんとに出るの?(7ヶ月) | トップページ | 子育て支援の中心は、託児なのか? »

☆産婦人科以外の不調時の対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふにゃふにゃおっぱいでも、ほんとに出るの?(7ヶ月) | トップページ | 子育て支援の中心は、託児なのか? »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: