« お母さんが新型インフルエンザに罹ってしまったら?(改訂版) | トップページ | お母さんが膀胱炎になってしまったら? »

2014年3月28日 (金)

おばあちゃんの余計なひとこと。

今更申すまでもないことですが、SOLANINの勤務先では、健常新生児に対し医学的な理由も無いのに、糖水やミルクをあげたりしません。
具体的な例を挙げると、「今日は0日目だから、糖水5ml/回。」とか、「体重が7%減ったから毎回ミルク30ml補足。」とかはいたしませんよとゆうことです。

そんな現実を知ってるためか、お見舞いに来られた赤ちゃんのおばあちゃんが「おっぱいまだ出ないんでしょ。何か足してもらってるの。」と、聞かれることもあります。
お母さんが「何も足してない。」と答えられると、「赤ちゃんが干からびてしまう。」と、言われたそうです。
赤ちゃんは干物ではないのですが。
挙句、最大の禁句「おっぱいは張ってるのかな。私なんかピューピュー出たけど。」というフレーズが続きます。

特に旦那さんの方のおばあちゃん(義母さん)に言われると、ナイーブなお母さんのココロはズタズタにされます。
ご自分の方のおばあちゃん(実母さん)に言われたら、結構反論されていますが。
面会に来ていただいても、お母さんに元気を分けてくれるならともかく、毒を吐いて帰られると本当に困ります。
おばあちゃんが嫁や娘に「母乳不足感」を煽ってどうするのよ。
お願いだから、赤ちゃんのおばあちゃんは、頑張ってるお母さんとお母さんを支える私たちの努力を台無しにしないでほしいです。

母乳育児の確立に際し、身内が足を引っ張る事例が相次いだので、みなさんはどうだったのかと思い、記事にしました。

« お母さんが新型インフルエンザに罹ってしまったら?(改訂版) | トップページ | お母さんが膀胱炎になってしまったら? »

☆旦那さんや祖父母へのお願い」カテゴリの記事

コメント

現在生後1ヶ月半の第2子を育児中です。
第1子の時は生後8日目から完母でいけましたが、今回は3週間目にしてようやく完母になれました〜!
おばあちゃんあるあるですよね〜!
特に今のおばあちゃん世代は混合育児(むしろミルクに偏り気味)全盛期なので「ミルク足せば安心」という思いがあるようです。
私の実母がまさにそうです。
でもけして娘をいじめてやろうと思ってるわけじゃないんですよねぇ。
・孫が可愛いから。
・ミルクは腹持ちがいいしママも少しでも長く寝かせてあげたい。

ミルク足せばコールにはそんな気持ちも込められていたりもして。
「毎日おっぱいしんどいでしょ。ミルク足せばもう少しゆっくり寝れるのに…」とよく言われます。
「ミルク足せばコールは母からの思いやり♪」
と気持ちだけ受け取って華麗にスルーすることにしています(笑)
ちなみに更に1代上のおばあちゃん世代(80代〜から90代のひいおばあちゃん)になると「母乳は素晴らしい」という考え方になるから面白いですよ。
「ミルクで育てるとブクブク太るけど、母乳で育てるとカッチリドッシリ固太りでええ子になる」と92歳の祖母はよく褒めてくれます(笑)

まさにまさに!
おっぱい張ってるの?出てるの?攻撃を入院中に義母から受けました。
しかもおっぱい鷲掴み、モミモミ攻撃までプラスされました・・・

今は4ヶ月になりましたが、なんちゃって母乳推進病院で産んでしまったせいか官母を目指したものの混合ではあります。

そのためか会うたび足りてるの?モミモミ攻撃されます。
もちろんモミモミはだめと言ってもこうすると出ると言い張られますが。

実母ではないので心に鎧をつけてスルーするしか術はありません。

生後3ヶ月の新米ママです。私も実母からまさに記事のことを言われまくり、入院中から里帰りまで散々でしたf^_^;)
実母は完母だったようですが、以前の記事にあった通り3時間授乳をきっちり守り抜いた”猛者”で、とにかく「おっぱい張るのか、まだ出ないのか、出ないなんておかしい」と入院中から繰り返し言い続けました。産後一ヶ月は「泣いたらおっぱい」という病院の指導も、全く理解できなかったようで、飲ませようとするたびに、あきれた顔をされ、「そんなに咥えさせるから、無くなってるんだよ、間隔開けて張らせなさい」とムチャな事を言われました。「抱き癖がつく」発言もしょっちゅうでした。全く私の味方と思えなかったのが辛かったです(ー ー;)
両親学級と同じく祖父母学級も必要だと思います!


2ヶ月の娘がおり、先日まで実家で過ごしていましたが、今回の記事に、うんうん、そうだよね!と思わず声を出してしまいました!
母親は「一番の理解者であると同時に一番の敵でもある」と思いました(-。-;
母乳がちゃんと出てるか不安な時に、「ママのおっぱいちゃんとでてないの、お腹空いたねぇ」「ママはミルクくれないんだね」など娘に語りかけていて、ただでさえ不安なのに、さらに煽られた感じがしました。
1ヶ月健診でちゃんと体重が増えていたので安心したのか、それからは何も言わなくなり、楽になりましたが‥(苦笑)今は完母となり私の心にも余裕が出てきましたが、渦中にいる時は、ほんと、グサリときますね。

今回の記事と若干違うかもしれませんが、私も産後周りの言葉にへこんだことがあったので、初めてコメントさせていただきます。
お花畑妊婦で母子別室のミルク派産院で出産、入院中はお産が多く忙しそうだったこともあってか?あまり授乳指導がなく、授乳タイムに助産師さんがちらっと見にきて「こんなおっぱいじゃ可哀想だからさっさとミルクあげなさい」などと言われへこみ…
退院後もちょうど妹が第二子を授乳中だったため、実母が妹に「ついでにお姉ちゃんの子にもおっぱい飲ませてあげてよ」など言われ…おっぱいをあげれなくて悩んでいるところ更に、自分なんかが母親じゃ赤ちゃんが可哀想だと辛い気持ちになりました…
産後1ヶ月はほぼミルク、その後O式のお世話になり4ヶ月頃から母乳のみになれましたが、本当にお花畑だった自分を悔みます(ーー;)
今は「ぱいぱい!」と言いながらにこにこ寄ってきてくれる息子とおっぱいライフを楽しむことができて本当に良かったです。長文失礼しましたm(__)m

1ヶ月の息子がいます。BFHで産んだものの、3日目で糖水足されました。1日18回の授乳回数に微弱陣痛で39時間掛かって出産だったから、助産師さんが気を使ったのでしょうけど、寝てないのに元気だった私は悲しかった…。そんなにヤバかったの?って…。
お見舞いに来た義母に糖水を見られて、ミルクを勧められ、近所の完母でガリガリだった子の話をされ、推奨されている1日8回以上の授乳は多過ぎると言われたり、抱き癖がつくからやめろとか言われて、他人だし言い返す事も出来ずに何だかイライラしました。
大人だっておやつ含めたら5回は食べてるんだから胃の小さい赤ちゃんなら当たり前とささやかに反抗しましたけど。ミルクにしたら独占出来るとおもってるだけなんですよね。今は出過ぎて息子に怒られます。
私の産院では左右でワンクールとか特に指導されなかったのですが、そんなものなんですかね?

うちの母は私も弟もミルク育児だったので、長男も次男も完母で育てられている私に、すごい!よく出るね!私は全然出なかったのに!と言ってくれます。義母も、長男を完母、次男(旦那)と長女は混合から完ミだったみたいですが、ミルクを足せとは一度も言わずに見守ってくれています。二人目が産まれる前に祖母は亡くなってしまいましたが、1人目を生む前からおっぱいで育てろ、と言っていました。出ないと悩んでいた時も、おっぱい出ないやつはいない!頑張って吸わせればでる!と言われましたね。見ろやこのへにゃへにゃ乳を(笑)って、3人を母乳で育てた勲章や!って得意気でした!

うちは義母にも実母にも「おっぱい足りないでしょ攻撃」を受け、爆乳自慢をえんえん聞かされました。
特に義母は吸い付くのが下手な我が子を変な子扱いし、一生許しません(笑)
義実家に行くたび、おっぱいトークで参ってましたが、そんな義母は職場復帰のために約2ヶ月で断乳したようです。
義母と同居の義祖母も会うたびに「おっぱい?」と聞き、「おっぱいのみです」と答えると妙に満足している様子なので、もしかして義母も義祖母に嫌な目にあってたのかもなーと思い、自分を納得させる日々です(笑)

初めてコメントさせて頂きます。少し前にこちらのブログを見つけ、過去記事を読むのが日課になっています!とても参考になる記事をありがとうございます!
タイトルの件ですが、私も入院中に義母から授乳シーンをガン見され、「それ出てるの?」とアゴでおっぱいを指され、毎日「おっぱい足りてるの?」、「びゅーびゅー出ないね」等を連発されました。
娘が黄疸が出て光線療法を受けたときには、「ネットで色々調べたけど、アンタの母乳が足りてないせいなんじゃないの〜」と言われました。もうさすがに悪気が無いとは思えないレベル。。

本で「おっぱい足りてるの?は禁句です」等、目にしていたので、余計に受け入れられなかったです。

母乳育児推奨の産院で、助産師さんから「赤ちゃんも上手に飲めてるし、おっぱいもすごく出がいい」と毎日言ってもらえていたので、毎度義母にそう伝えましたが「ふーん」と口をへの字にするだけでした。
お腹も「なんでまだそんなに出てるの?」と毎日笑われました。それにしてもひどいお腹だわってクスクスと。。

娘はもうすぐ2歳ですが、ハッキリ覚えています。
それまで大好きだった義母。子供が産まれてから苦手意識が付いてしまいました。

今は二人目が5ヶ月で、上の子同様完母で育てています。これからも色々と参考にさせてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お母さんが新型インフルエンザに罹ってしまったら?(改訂版) | トップページ | お母さんが膀胱炎になってしまったら? »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: