« 4ヶ月健診で、ミルク足したら?と言われたんです。でも・・・ | トップページ | ぎっくり腰をラクにしてほしかっただけなのに。 »

2014年3月21日 (金)

鼻吸い器の選び方。

色々なタイプの赤ちゃん用鼻吸い器が育児用品メーカー等から販売されています。
もう既にご存知の読者さんも多いでしょうが、個人的経験を振り返っても、「これはちょっと・・・」というタイプのものを述べさせていただきます。

それはですね、正直に申しますと、いわゆるスポイドタイプです。
利点はあるにはあります。
赤ちゃんの鼻に突っ込むノズル部分は短いシリコン製なので洗浄・消毒には支障を来たすことはありません。
また、お値段的にはお手頃であることは確かです。

しかし、(ここが大きな問題点です!)鼻吸い器なのにスポイドタイプは肝心の吸引効果が低いです。(呆)
つまり、赤ちゃんの鼻腔にノズルを入れても、一向に鼻水は吸い取れないということです。
鼻に詰まっている物体がハナクソの場合、ベビー用綿棒におっぱいを浸してクイッと取り除けばよろしい。
そうではなく、鼻水の場合、ベビー用綿棒で云々とゆうやり方では取り除けません。
そうゆう時こそ、鼻吸い器の出番なのに・・・
何故こういうちっとも使えない育児用品が販売され続けているのか謎ですな。

SOLANIN的には、オトナが管を咥えて別の管を赤ちゃんの鼻腔に入れて吸い取るタイプ(2本の管の間には鼻水溜まりがある)がお勧めです。

購入金額に糸目を付けなければ、電動タイプもありますが、これは使ったことがないから評価出来ませんな。
ちなみに、耳鼻咽喉科外来に設置してある電動式(?)はダ○ソ○の掃除機並に素晴らしい吸引効果が得られますが、オトナでも涙チョチョ切れるくらい痛いです。

« 4ヶ月健診で、ミルク足したら?と言われたんです。でも・・・ | トップページ | ぎっくり腰をラクにしてほしかっただけなのに。 »

☆育児用品とその評価」カテゴリの記事

コメント

口じゃなくて、掃除機で吸えるようになってるのを使ってます。
口で吸うのよりはお高いですが、電動買う事を考えればお安いもんです。
副鼻腔炎のドロドロの黄色い鼻水も、結構吸えます。
掃除機のタイプによっては使えないし、故障の原因になる可能性もあるので
自己責任ですが。
最近では、Amazo⚫︎でも買えるようですよ。

電動式の鼻吸い機を愛用している者です。初めは私も「痛いのかな…?」と思い、自分でも使ってみて確認したところ、全く痛くなかったので、子どもにも使っています!
金額的にはちょっと躊躇しますが、何と言っても楽ですし、私はもう3年ほど使っていて元は取ったかと…。

据え置き型、電動鼻吸い機のヘビーユーザーです。息子1歳11ヶ月ですが、鼻水が出てくると「鼻じゅーする」と自分で吸っています。スッキリするのがいいようです。

夜中に鼻づまりで寝苦しそうな時も、もう手慣れたもので、暗くても手探りでぱぱっと鼻吸いできます。一瞬「ふぇーん」と泣きますが、鼻もすっきり、そのまま熟睡しています。

保育園へ行きだして4ヶ月程鼻水出っぱなしですが、中耳炎には一度もかかっていません。
慣れているので、耳鼻科で鼻を吸われても全然嫌がりません。

高かったですが、買って良かった育児グッズNo.1です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4ヶ月健診で、ミルク足したら?と言われたんです。でも・・・ | トップページ | ぎっくり腰をラクにしてほしかっただけなのに。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: