« おっぱいは母性の起動スイッチだと考えます。 | トップページ | お母さんと赤ちゃんの一体感。 »

2014年5月 5日 (月)

季節性乳腺炎★こどもの日乳腺炎

読者のみなさんは、2ヶ月ほど前に女の子のお母さんに多発する、ひなまつり乳腺炎について記事にしたのを憶えておられますか。
新しい読者さんはご存知ないかと思われますので、ブログテーマの「妊婦さんから読んでね」の中を検索のうえ、ご参照くださいね。

今回は端午の節句ということもあり、男の子のお母さんに多発する危険性があります。
そうです。「ちまき」「柏餅」「端午の節句ケーキ」「筍料理」「出世魚料理」などのご馳走が目白押しなのです。(筍料理はカロリーはさておき、アクが強いからね。)
それに加えてこどもの日ということで、「カレー」「ハンバーグ」「オムライス」などのお子様系メニューを作るご家庭が多く、いつもより摂取カロリーがハイパーになりがちなのですね。
そしてとどめの一発が「菖蒲湯」です。

じっくりとカラダを温めるのはいいのですが、うっかりおっぱいを飲ませる前に入浴されると、「まぁ、大変」というくらいに乳房がパンパカパンになってしまい、収拾がつかなくなります。

ゴールデンウィーク明けの頃から、「おっぱいが痛いよ~」というお母さんが増えてこないことを、切に願う今日この頃のSOLANINでした。

« おっぱいは母性の起動スイッチだと考えます。 | トップページ | お母さんと赤ちゃんの一体感。 »

☆乳房トラブルと対処」カテゴリの記事

コメント

今日は初節句です。まだ離乳食も始まってないので、簡単にお祝いしようと考えていますが、お魚やお野菜で美味しい物作ってみます。また昨日の新聞に、母乳育児はビタミンDが足りず、くる病が流行っている、理由は母乳推進の病院が増えた事、日光浴をしなくなったこと、などが書かれていましたが、完母で育てているので悲しい記事でした。母乳な粉ミルクより栄養が満遍なく取れるのかと思っていました。実際はどうなんでしょうか?本当ひ母乳だけではビタミンDが足りなくなるのでしょうか?

5月2日12:00の記事「出ないおっぱいにしがみついている?」のコメントでビタミンDのニュースに関する話題と過去記事の紹介が出ていましたよ。
ご覧になってみてください。
完母で大丈夫とお分かりになると思います。
安心して母乳育児を続けてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっぱいは母性の起動スイッチだと考えます。 | トップページ | お母さんと赤ちゃんの一体感。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: