« こういう方には、マジで萎えます。 | トップページ | 赤ちゃんにやさしい病院はお母さんにきびしい病院なのか? »

2014年5月 6日 (火)

母子異室の病産院にお見舞いに行ったら・・・

出産された方のお見舞いに行きました。
旦那の知人の奥様です。
母子異室の病院だったので、授乳はどうしているのかを尋ねると、夜中1回お休みとのことでした。
1回哺乳量が事細かに決められていて、そこでは、「日齢×10ml以上」というノルマがあるのだそうです。
3日目ならば1回に30mlは哺乳しなくてはならない!
足りない分はミルクの補足で、しかも、授乳時間内(=およそ1時間)に終了しなくてはならないというルールがあるそうです。

彼女は「私はおっぱいが出ないので、今日は毎回30mlミルクをあげなくちゃならないんだけど、おっぱいは何時出るのかな。」とのほほんモードです。
私は「おっぱいは、こまめに吸わせないと出るものも、出なくなりますよ。」と忠告しましたが、最初の段階でボタンの掛け違いがあると、修正が大変です。

現在進行形で母乳育児中のお母さんには当り前でしょうが、おっぱいは蛇口をひねれば出てくるのではなく、赤ちゃんも勝手に吸いついてくれるわけではありません。
せめて、そのことをマタニティークラスで周知させなくては、フェアぢゃないように思いました。
母子異室の病産院の全てが母乳育児に不熱心とは申しませんが、直母回数が限られているからこそ授乳介助を充実させ、どうしてもノルマがあるならば、せめて搾乳を補足するとか、いきなりミルクを補足するのではなく、糖水では駄目なのかとか、工夫をしてほしいなと思いました。

上記のルールの意味するところは、やはり、ミルク屋さんとズブズブの関係を築いているからでしょうな。

« こういう方には、マジで萎えます。 | トップページ | 赤ちゃんにやさしい病院はお母さんにきびしい病院なのか? »

☆医療機関の選び方による違い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こういう方には、マジで萎えます。 | トップページ | 赤ちゃんにやさしい病院はお母さんにきびしい病院なのか? »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: