« おっぱいマッサージが必要・有効な場合とは? | トップページ | セーフティーなミルク減量の目安とは? »

2014年5月13日 (火)

夜中は腹持ちをよくするため、ミルクを足すといい?

おっぱいとミルクでは消化時間が異なることは、当ブログの読者のみなさんはよくご存知ですよね?
出生間もなくは赤ちゃんも胃が小さいし、おっぱいの消化時間はミルクの消化時間の半分強という速さです。
深夜帯も頻回直母では、お母さんが疲れるから、腹持ちをよくして授乳回数を減らしたらラクなんぢゃないか・・・という発想ですね。
う~ん、それってどうなんでしょうねぇ?
血中プロラクチン濃度が時間帯により変動することも、読者のみなさんは覚えていらっしゃいますよね?
そうです。
深夜帯の血中プロラクチン濃度は午後からの2倍くらいはあるのですね。
24時間のうちで、一番おっぱいがたくさん造られる時間帯が深夜帯ですね。
その時間帯に吸わせる回数をセーブしたら、どうなりますか。?
おっぱいが出にくくなっちゃうんですね。
それはまずいです。

おっぱい、ミルクに係わらず、お母さんが困るのは、飲ませても全然眠ってくれないこと。
抱っこしていたらおとなしいけど、置いたらギャ~ではたまりません。
要するにおっぱい、ミルクを飲んだら機嫌が直り、すんなり眠ってくれたら、さほど困りはしないと思います。

やはり、夜中であっても授乳のペースは、最初の1~2ヶ月は赤ちゃんに合わせてあげたほうが、おっぱいの分泌がパワーアップしますから、おっぱいだけで順調に育っておられるならば、ミルクの補足は考えないようにしましょう。
夜中ダラダラ飲みっぽいならば、夕方からは熟睡させなければいいだけですから。

« おっぱいマッサージが必要・有効な場合とは? | トップページ | セーフティーなミルク減量の目安とは? »

☆知らないって怖い!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっぱいマッサージが必要・有効な場合とは? | トップページ | セーフティーなミルク減量の目安とは? »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: