« 母乳育児に詳しい医療者かどうかの見分け方。 | トップページ | お待たせしました?腕引き伸ばしの体操 »

2014年6月 5日 (木)

妊娠中の尿漏れは。

我慢するしかないの?
そんなことありませんよ。
骨盤底筋体操をすれば、症状の改善や克服の可能性はありますよ。
骨盤底筋体操って、なんとなく腹圧掛けるイメージがあるから、妊婦はしちゃいけないイメージがあるけれど、そうではありません。
引き締めるんです。
基本の動作は以下の通りです。
①まずはふぅ~っと息を吐いてカラダの力を抜きます。
②次に肛門を引き締めます。
イメージ的には左右からお尻の筋肉を寄せ合う感じですかね。
肛門を引き締めると、このあたりの神経は叢(くさむら)のように張り巡らされているので、膣の入口や尿道口も自然に引き締まります。
③そしてそのまま5秒間数えたら、お尻のお肉を元の位置に戻します。

これをですね、1度につき(10~)20回行って1セットと数えます。
出来れば1日に4~5セット、分散して行います。
姿勢的には、立位でも座位でも臥位でもいいです。
SOLANINの勤務先の妊産褥婦向け教本では、机やテーブルに手を着いた姿勢や四つん這いの図も掲載していましたっけ。
色々な姿勢でやってみるとよいでしょう。
勿論、トコちゃんベルト®を装着すると、更に効果的ですね。

やっておいて損はありません。
毎日地道にコツコツと続けましょう。
早ければ、3週間くらいで尿漏れ改善の手応えがあることも、決して稀ではありませんよ。
妊娠中に骨盤底筋体操を続ければ、安産や産後の尿漏れの予防に繋がりますからね。(逆に難産だった方で、産後尿漏れの気配すら皆無という方はごく稀だと思います。)

さぁ、今日から試してみましょう。
不快な尿漏れからバイバイしちゃおうじゃありませんか!

« 母乳育児に詳しい医療者かどうかの見分け方。 | トップページ | お待たせしました?腕引き伸ばしの体操 »

☆妊娠中に起こり得る病気の治療・マイナートラブルの対処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母乳育児に詳しい医療者かどうかの見分け方。 | トップページ | お待たせしました?腕引き伸ばしの体操 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: