« 母乳育児中のお母さんがしてもらって嬉しいこと(旦那さん編) | トップページ | 母乳育児サークル。 »

2014年6月15日 (日)

新生児の呼吸は。

新生児は鼻呼吸しかできません。
鼻腔が詰まって苦しそうにしているのは、ホントに苦しいからです。
大泣きしていたら、口呼吸しているから大丈夫?
いいえ。
大泣きしていても、鼻腔が詰まっていたら窒息の恐れがあります。
(新生児は、まだ口呼吸はできませんから。)
あえぎ呼吸の時は早急に鼻腔の詰りを取り除いてやってください。

鼻腔の詰りが起きるのは、大抵は鼻粘膜が浮腫んでいる時です。
鼻の温罨法をするのも良いですし、お部屋の加湿をするのもお勧めです。
その上で、鼻くそが塞いでいる場合は、おっぱい綿棒でお掃除してやっていただけたら苦痛も少ないので助かります。
鼻汁の場合も鼻の温罨法をしてから、鼻吸い器で吸引するといいでしょう。
鼻吸い器の機種につきましては、過去記事をご参照くださいね。

« 母乳育児中のお母さんがしてもらって嬉しいこと(旦那さん編) | トップページ | 母乳育児サークル。 »

☆赤ちゃんの身体の特徴とケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母乳育児中のお母さんがしてもらって嬉しいこと(旦那さん編) | トップページ | 母乳育児サークル。 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: