« 分泌過多で綱渡りの母乳育児、自己流を貫き綱から落下。 | トップページ | ヨチヨチ歩き、カタコトが言える1歳児であっても。 »

2014年8月28日 (木)

上の子と下の子は飲み方が違うってことありますよ!その1続き

Aさんの赤ちゃんは上の子さんよりも800g以上小さい同性の赤ちゃんでした。
上の子さんががっつり系だったので、麻呂系の下の子さんには対応が大変だったとのことでした。
生後9日目に2424gで退院時から16.0g/日のペースでしか増えてくれませんでした。

10日ぶりの再診では、お母さんなりに気を付けておられて、それまでとは違うスタイルの授乳になっていました。
「日中は1~1.5時間の間隔で、おむつを替えたり、金魚運動をしてとにかく起こすこと。」を頑張っておられました。
「夜間は2~3時間毎に赤ちゃんが起きてくれるようになり、欲しがるままに飲ませていた。」とのことです。
 

若干浅飲みですが、クッションを使用し姿勢を整え、深く吸着するように仕向けると出来るようになってきました。

生後19日目の再診ですが、赤ちゃんの体重は、2892gまで増えていました。
前回から44.6g/日と、ジャンプアップを体感できました。
直母量測定ですが52gも飲んでいました。
ご立派な限りです。
 

お母さんのAさんは、ほくほく笑顔で帰られました。

« 分泌過多で綱渡りの母乳育児、自己流を貫き綱から落下。 | トップページ | ヨチヨチ歩き、カタコトが言える1歳児であっても。 »

☆赤ちゃんの哺乳力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 分泌過多で綱渡りの母乳育児、自己流を貫き綱から落下。 | トップページ | ヨチヨチ歩き、カタコトが言える1歳児であっても。 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: