« 赤ちゃんのビタミンD欠乏症に注意しましょう!(若干改訂版) | トップページ | 先天性股関節脱臼の疑いがあると指摘されて(生後3ヶ月半) »

2014年10月15日 (水)

P(=リン)とCa(=カルシウム)欠乏による体重増加不良。

保健センターでの4ヶ月健診までは順調な体重増加が見られたのに、その後体重が減少し続けるという奇病になられた赤ちゃんがSOLANINの勤務先の母乳外来を受診されました。

111日目に5800gあった体重が242日目には5022gに減っているのです。
血液検査ではとにかく、PとCaの値が低すぎるので、副甲状腺の病気が考えられるが精密検査中で、結果はまだとのこと。
離乳食はお粥と野菜を2回食で与え、食べっぷりは上々です。
小児科のドクターからはおっぱいよりもミルクの方が、Pが多いかもしれないのでと、ミルクの補足を指示されるも、赤ちゃんが嫌がり全く飲まず、途方に暮れての受診でした。
授乳回数はとても少なく、6時、10時、14時、18時、21時の5回のみで、夜はぶっ通しでねんねだとか。
直母1回量は80mlで、若干少なめも許容範囲でした。
でも、単純計算しても、5回ならば、400ml程度しか飲んでいないことになりますね。
それは3000g弱の新生児の哺乳量ですから、体重減少の要因は確かに微量元素の代謝が問題だとしても、1日当たりの総哺乳量自体が少なく、それも大きな要因かと考えられました。
そこで、ミルクの補足は出来るだけスプーンなどで行うか、パン粥にして補給し、、おっぱいの回数を8回に増やして、離乳食もPの多い魚を採り入れてもらうように、助言しました。
乳管も詰まっていたので開通マッサージをしました。
1週間後に結果が出ます。
上手くいくといいのですが・・・

« 赤ちゃんのビタミンD欠乏症に注意しましょう!(若干改訂版) | トップページ | 先天性股関節脱臼の疑いがあると指摘されて(生後3ヶ月半) »

☆体重増加不良に関係する病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃんのビタミンD欠乏症に注意しましょう!(若干改訂版) | トップページ | 先天性股関節脱臼の疑いがあると指摘されて(生後3ヶ月半) »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: