« おっぱいの分泌低下による体重増加度の減少の原因1 | トップページ | 授乳中水分の摂り方について。 »

2015年1月31日 (土)

手首と膝の痛みから解放されました。(1歳4ヶ月)

<ご連絡いただいたこと>
1歳4ヶ月のおっぱい星人男児の母です。
手首と膝が産後3ヶ月頃からずーっと痛くて整形通ったりしましたが、3ヶ月前に生理が再開した途端にスーっと治りました。
やはりホルモンの影響のようでした。

<SOLANINからひとこと>
連絡者さんは、おっぱい星人のお母さんにありがちな、月経再来がゆっくりパターンだったのですね。
3ヶ月前とゆうことは、1歳1ヶ月頃に月経再来したわけですからね。

普通に考えれば、お子さんが大きくなるにつれ、手首や膝にかかる負荷は増えるのですから、それがスーっと治ったということは、やはりホルモンのバランスが変わってきたということなのでしょうね。
軽快されて何よりでした。

妊娠後期以降、腱鞘炎やド・ケルバン病で苦しんでいらっしゃる当ブログの読者さんは相当数いらっしゃるでしょうが、これらの病気は一生続くわけではないので、悲観的にならないでくださいね。
塗り薬や貼り薬、サポーターなどを上手に活用して乗り切りましょう。
痛みからの解放時期を待つのは長く感じますが、この段階で月経再来ならば、おっぱいの分泌量云々の心配はしなくていいですからね。
1歳代以降の長期授乳に突入されたわけですから、おっぱいライフの第2章、楽しんでいきたいものです。

« おっぱいの分泌低下による体重増加度の減少の原因1 | トップページ | 授乳中水分の摂り方について。 »

☆お母さんの体のメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おっぱいの分泌低下による体重増加度の減少の原因1 | トップページ | 授乳中水分の摂り方について。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: