« タンデム(=同時)授乳のあれこれその1。 | トップページ | タンデム(=同時)授乳のあれこれその2。 »

2015年2月 5日 (木)

滲出性中耳炎でプレドニン®内服したら・・・

<ご相談内容>
こんにちは。滲出性中耳炎で治療のため、プレドニンを朝夕5mgずつ服用して、授乳してますが、2日目から子供の目と頬が赤く腫れ、身体にも薬疹がでてしまいました。
こちらの記事を信じて問題ない量だと服用して授乳継続したのですが…
これはやはりお薬を飲まないほうがいいのでしょうか?

<SOLANINの回答>
お母さんが治療を受けられて、お子さんに副作用と思われる症状が顕れてしまったことは、大変ご心配だと思います。
ただ、記事を信じて・・・という表現をされると、当ブログの記事により被害を受けられたことになるのでしょうから、何らかのカタチで謝罪すべきことになってくると思います。
直接謝罪できなくて、お返事でしか謝罪できなくて、お子さんの身代わりになることも出来ず、本当にすみません。(涙)

さて、回答に入らせていただきます。
恐れ入りますが、このような事態が生じた場合は早急にかかりつけの小児科ドクターにご相談ください。
また、授乳との両立をかんがみ、お薬を中断したいというお気持ちであれば、耳鼻咽喉科ドクターに別の治療法が無いかということも、併せてご相談いただくことが重要だと考えます。
当ブログのお薬に関する記事は、単に私の考えを披歴しているのではなく、国立成育医療センターや大分県薬剤師会などの専門機関の情報を参考にアップしておりますが、個別的なことについては、ケースバイケースと思われますし、ご心配ご尤もだと思いますので、張られたリンク先にご連絡&ご確認されることも一つの方法としてお勧めします。

それから、これは相談者さんを含む読者のみなさんに対しての質問なのですが、良かれと思って記事をアップしても、こういうことが起こると正直言って怖くなります。
以後はお薬に関する記事を全削除すべきなのでしょうか?
ご意見賜りたく存じます。

« タンデム(=同時)授乳のあれこれその1。 | トップページ | タンデム(=同時)授乳のあれこれその2。 »

☆おっぱいとお薬」カテゴリの記事

コメント

SOLANINさんの薬関連の記事、いつも大変参考になります。
今回の相談者さんのケース、キツい言い方かもしれませんが非常識です。ここに持ちかける前に「あれ?」と思った時点でかかりつけの小児科や、今回でしたら耳鼻科医に真っ先に相談し、検討をすべきです。また、薬局で処方された際にも薬剤師さんに事前相談すべきです。
こういう人(このブログに大丈夫だと書いてあったから信じて服薬しながら授乳を続けた結果、こどもに薬の影響と見られるなんらかの反応があった)のためにネット上から有益な情報が無くなるのは困ります。
SOLANINさんの善意を無駄にせず且つ守るためにも、これまでと今後の薬関連の記事では「(例)授乳中でも飲めるお薬は、すべてのお母さんと赤ちゃんで大丈夫だとは限りません。診てくれたドクターや処方してくれた薬剤師さんと、あくまで授乳の継続を前提に服薬の進め方などを相談しましょう」などの文言を冒頭に注意書きするのはいかがでしょうか。

はじめまして!6ヶ月の娘を母乳で育てています。妊娠中から高血圧の薬を服用し、現在も薬を服用中です。母乳がかなり出ていたのに服用中は授乳中はやめたほうがいいとか、今後のためにも完ミにしたほうがいいとか言われて泣きながらこのブログにたどり着きました。その時から私の心の拠り所になっています。もちろん薬の服用の際には、医師、薬剤師と国立成育医療センターのHPと色々確認した上で授乳続行を決めました。今後も色々と参考にさせて頂きたいので、私は記事の削除はして欲しくないです。

こんばんは。
SOLANINさんのブログのおかげで憧れのおっぱいライフを満喫している8ヶ月ママです。
お薬の記事は是非とも残していただきたいです。私自身内科受診時に参考になり、意味不明な断乳勧告を気にせずスルー出来ました。
今回の件、症状が出てしまった赤ちゃんはとても心配ですが、そういった事例が全くないとは思いませんし、そういった可能性もあるのだという事が分かったことも必要だと思います。
対処法(相談すべき場所や内容)についての回答も公開していただいたことで、助かった読者もいるのではと思います。

コメントの仕方はこれで適切だったでしょうか?誤っていたら失礼致しました。
コメントせずにはいられなかったもので…

はじめまして。
妊娠中からこちらのブログにお世話になっている、生後4か月の女の子の母です。

時には不安と戦いながら育児をする母親にとって、このブログはとても頼りになる存在です。

勝手な推測ですが、今回の質問をされた方におかれましても、こちらのブログを一生懸命読み、赤ちゃんとの二人三脚で母乳育児に励んでこられたのだと思います。
そんな中、ご自身の治療のための内服で赤ちゃんの薬疹が出たのかもしれないとのこと…母乳に対する思い入れがあるからこそ、ショックは強かったのではないかとお察しいたします。

私が拝読した所では、ご相談の内容にはそこまで強い批判のような物は感じられませんでした。(信じていいのかという不安はあるかもしれませんが)
ただただショックであり、自信をもって母乳を続けていくためにも、原因を知りたいと強く思われているのではないかと感じました。(本当に勝手な推測ですが)

薬についてですが…全員に安全で副作用がないという薬はありません。
それは体質や併用する薬剤の影響など様々なものにより起こりうることです。
そんな中、「絶対にこれなら安全(もしくは正しい)」という情報は発信することは不可能であり、それをしようとするならば、SOLANINさんはこのブログを続けられなくなってしまうと思います。
読者はそれを踏まえた上で、「一般的には(だいたいのケースでは)こうだ」もしくは「こういう考え方もある」という風に読むべきではないかと思います。

私は、今まで通りこれからも様々なことを教えていただけると嬉しいです。


あと薬を用いる職業についているため気になったのですが(医師でも薬剤師でもありません)
ステロイドは薬疹のようなアレルギー症状を抑える作用がありますが…滲出性中耳炎に対し、他の抗生剤などの処方はされていなかったのでしょうか?(他の薬剤が原因の可能性は?)また、薬疹であるといる診断は医師からされたのでしょうか?お母さんが食べた食べ物や環境中のアレルゲンによるアレルギーや、他の皮膚炎の可能性はないのでしょうか?
ご相談文からは他の原因があるのではないかと感じてしまい、疑問に思ってしまいました…

もしステロイドによる薬疹が確実でないなら、今後赤ちゃん自身が使える薬や食べ物について不安が残りますので、やはりSOLANINさんが仰るように受診された方がいいと思います。

若輩者が、長々と大変失礼致しました…

はじめまして!

長いことお世話になっておりますのに、はじめてコメントいたします。

削除の必要はないと思います。今までのブログを読んでいるなら、勝手な判断での服薬中断など考えられませんもん。

ただ、検索からその記事にだけたどりついた方については、記事内に注意書きが必要なんでしょうか?(>_<)

SOLANINさん初めまして。
四ヶ月の女の子を育児中の母です。

お薬についての記事ですがぜひこのまま残していただきたいです。

私は産後に肝炎と甲状腺機能亢進症と好酸球増多を発症、加えて持病のぜんそくの調子も悪く、現在プレドニン20mg、プロパジール300mgを服用しながらおっぱいを続けています。
このお薬に落ち着くまで紆余曲折ありました。

かかりつけの内科から検査のため紹介され大学病院を受診したのですが、そこの内科医から「すぐに入院が必要。服用中のプレドニンは直ちに授乳を止めなくてはいけない、赤ちゃんに知能障害が出る。母乳は捨てて飲ませるな」(←当時搾乳したものをあげてました。)など、ショックなことばかり言われました。

母乳を諦めたくないと藁にもすがる思いで調べていたときに、最強母乳外来に出会いました。
ステロイドは量によるという記事を見て、産科の先生とかかりつけの内科の先生に相談した結果、上記の服用量でおっぱいを続けられています。
入院もせずに2週間に1度の通院で済んでいます。

もしこちらのブログが無ければ、泣く泣く断乳していたと思います。
もちろん最終的にお薬が大丈夫かどうかは、先生の判断になると思いますが、母乳に影響のない服用量などの情報があるこちらのブログは素人から見てとても心強いです。
記事の最後に「かかりつけの病院にも相談ください」などの注意書きを添えて、記事自体はぜひこのまま残していただきたいと思います。
よろしくお願い致します。

長文失礼致しました。

いつも大変お世話になっています。薬の記事はすごく役に立っています。
ここの薬情報を信用して服用し副作用が出た場合は一例としての報告という形で投稿されるべきで薬をやめるべきかどうかを問うのがそもそも間違っていると思います…。
薬の反応は人それぞれ、アレルギーもそれぞれですよね。大丈夫な量となっているけど私の赤ちゃんにはダメな量だったと思って授乳ストップか薬変更にするのが普通だと思うんですが、知識がないと焦ってしまい、しかも聞けるところがないんだと思うんです。授乳と薬に詳しい医者は本当に少ないですし。。小児科医ですら新生児医療に深く関わってないと長期授乳や薬に関してはトンチンカンな所もありますから…。また産科医にも健診等が終わったら薬に関して聞けなくなりますからいかにここのブログが頼りになっているかわかって頂けると思います。
たった一言、薬服用後赤ちゃんに変化があった場合はすぐに小児科にかかって下さいと付け加えてもらえたら読む方も心構えができると思います。
削除する事はないと思います。色々書き加えていかないといけないのが大変でしょうが残しておいて欲しいです。ちなみに私が出産した産科では薬情報のリンク先をコピーしてくれます。

SOLANINさん、お久しぶりです。
アメブロ時代からお世話になっているうさトモと申します。
お薬と授乳の件、本当にデリケートな問題ですよね。
医師によっては授乳中だからというだけで処方を避ける方がいるのも事実。
多くのママたちに「授乳中でもOKな薬もある」ということを周知してもらうことは
大事だと思います。
もちろん、今回のようなケースも可能性的にはゼロではない、ということも知っておくことも大事かと。
ですので、いままでのSOLANINさんのお薬に関する記事は今まで通りUPしたままで良いのではないかと個人的に思っています。
プレドニンですが、私の場合は持病のため妊娠前からずっと服薬してますが娘には何も症状が出てません。
もちろん個人差というのもあると思います。
こういった「効果は期待できる分副作用も強い薬」というのは、授乳OKだとしても何らかの副反応がお子さんに出る場合もあるのかもしれませんね。
SOLANINさんがおっしゃるように何かしら異常が出た場合はすぐにかかりつけ医に相談するのがベストだと思いました。

我が家の4歳の娘、元気に毎日幼稚園に登園しており今年の4月には年中さんになります♪
私の病状もありがたいことに安定しており、毎日楽しくおっぱいライフ継続中です♪
しかしいつかはやってくるフィナーレの日。
母子で笑顔でその日を迎えらえるよう、おそらくは残り少ないであろう授乳生活を楽しんでいきたいです^^
長文失礼いたしました。

こんにちは、はじめまして。
もうすぐ1才になる娘を育てております。いつもブログ楽しみに拝見しております。

お薬に関する記事、とても参考になるので 削除は残念に思います。
薬は、大多数の人が大丈夫でも その人には合わないなんて事はよくあることですし、今回の記事は たまたまお子さんに合わなかった、というだけで、それなら主治医に相談して服用を止めるなりすればよいだけの話だと思います。SOLANINさんを信じて飲んだのに、みたいな書き方、ちょっと『はぃ?』と感じました。

恐らく、大多数の方が私と同じ考えなのではないかなと思います。
毎日お仕事もお忙しいなか、ブログをアップしてくださるのは大変な事だと思います。
お体壊されませんようにご自愛くださいませ。

受け取る側の責任だと思います。

難しいところですね(*_*;
solaninさんのお薬記事に助けられたことがあります。
なので、全部消されてしまうのは残念でなりません 。
私自身はお医者にかかったときに、妊娠中/授乳中であることを伝えると
お医者さんがきちんと調べて、処方してくださることが多いです。
が、きっと断固授乳禁止という先生にかかってしまった場合、
自分でリンク先で調べたり、問い合わせするよりもsolaninさんの記事に頼ってしまいますよね。。。
そして、読む側としては自分に良いように内容をとらえがちですしね。。。
今後も今回のようなことが起きてしまっては、相談者さんもsolaninさんも良い思いをしませんし
逆にトラブルに発展してしまうのならば、記事が消去されてしまっても仕方がないことなのかもしれません。
ただお薬の記事を消去される場合、国立成育医療センターや大分県薬剤師会のリンク等を紹介する記事を書いていただけると助かりますm(_ _)m

はじめまして!
1歳5ヶ月のおっぱい星人の母です。
初めての母乳育児でいろいろとありましたが、SOLANIN先生のブログのおかげで
不安や悩みも全部、自信に変わって幸せなおっぱいライフ満喫しております!!
ありがとうございます!!
お薬の記事に関してですが、私としては今まで通り掲載していただきたいです。
SOLANIN先生は いい加減な情報で記事を書かれていないですし、
読者さんのこういった事例もしっかり取り上げてくださるので
いざ、自分が罹った時に選択肢があることが安心です。
母乳育児だから、薬は全くダメだとかかりつけ医とかに言われると正直キツいです。

大丈夫な薬も授乳する子の月齢や体調もよく見て、その時々で
母が判断することも大事なのかなと思います。

薬に関する記事を削除しないでください、お願いします。

わたしがこれまで出会った医師は、簡単に『薬を使う間は念のため母乳はやめてください』とか、子どもが1歳を過ぎていると言おうものなら『は?もう1歳すぎてるんだ。母乳なんであげてるの?』なんておっしゃいます。でも、
こちらの薬に関する記事を拝見することで、素人なりにですが少し知識を持って主治医に相談したり、さらに調べるなどすることができます。

SOLANINさんに責任をとってくださいなんて言いません。だって、お顔も名前も存じ上げないですし、無料で情報を提供してくださっていて、それを信用するもしないも、わたしの責任ですもの。

負けず嫌いですね〜!^ ^
そこまでして勝っていたいのかって思います^ ^

やめて!ソラニンさんが正しいです!これからも続けて!ってコメントしてもらいたいという気持ちが
透けて見えますww

ただの助産師ってことを自覚してね^ ^wwww

記事の削除ですって⁉︎∑(゚Д゚) SOLANINさん.お願いですからお薬の記事も他の記事も削除しないでください!すべてを頼り切ってるのではないと言ったらおかしな言い方ですけど、お薬の添付文書を見ても「妊婦や授乳…✖︎」的な書き方しかないのが実情。副作用やいらぬクレームを避けるためとか、そもそも妊婦や授乳ということに熱心でないDrや薬剤師さんは添付文書に書いてある通り一辺倒がほとんどのなか、自分で選択する材料の提供としてとても心強く思ってます。薬は個人差が大きいので、あとは主治医との相談かな…と思って薬に関してはとらえていました。あと数日でおっぱい星人は4歳になります。今まで、お薬の記事だけでなくいろんな記事でとても助けられてきました。
記事の削除と聞いて、スルーできず久々のコメントです。ボランティアでの母乳育児のお手伝い、いつもありがとうございます。

久しぶりに訪問したらドえらい事態に驚いております。
死ねと言われたら死ぬ方なんでしょうか?
自己責任まで説明しないといけないなんて日本の教育はどうなってるんだと怒り新党マジで立ち上げたいですね。
しかしながら今後の対策として何か考慮しなうとアカンですかね?ヤハリ。
アメブロのぐるっポで討議したらいぃですかね?
もぅ相談してるんかな?
また来ます!

お久しぶりです。
授乳可能なお薬であっても、赤ちゃんの体質によっては副作用が出てしまうということ、今回初めて知りました。実際に影響のない赤ちゃんもたくさんおられるのでしょうけど、このようなことになってしまったお母さんとしてはショックが大きいかと思います。

しかし、これまでも私を含めてたくさんの方が最強母乳外来によってお薬の情報を得て断乳を回避していることも事実です。他の方がおっしゃられているように、すべてを削除するのは有益と思えません。
薬関連の記事に、すべての赤ちゃんに副作用がないわけではないことや、万が一なんらかの症状が出た場合の対応として小児科医を受診したり関係機関に問い合わせる等を追記するのがベターではないかと思います。

今後の対応が決まりましたらまたブログでお知らせ下さい。過去記事図書館および愛読者の会の方でもSOLANINさんの決断に準じたいと思います。

記事削除に賛成です。私自身も授乳に関して、このサイトにとてもお世話になっています。しかし薬剤に関しては助産師の専門外ですよね?リンクを貼ったり、医師や薬剤師とよく相談する旨を載せるだけでよいのではないかと思います。
そして、なんだか質問者さんを追い詰めかねないような言い回しが気になります。私には質問者さんが強く批判しているようには思えないのですが。謝罪の必要も感じませんが、質問者をバカにしているような言い回しが気分悪いです。

受け取り手にもよるのでしょうが…。責任の所在をはっきりできるようサイトのリンクを貼るのみにし、個々の薬剤に関しての記事は削除してはいかがですか?

母乳と薬の関係についてこのサイトの管理人さんとは違う意見を持つ医療関係者です。記事の削除は必要ないです。むしろ相談者さんに言いたいですが従うべきはネットの情報ではなく自分が施しを受ける医者であると思います。
もし担当医から別の指示があったのにこの結果になったのであれば憤りを感じます。まだまだ医療には正解がはっきりしないことがたくさんあります。
だからこそ私たち専門家は体得した基礎知識を元に処々の断片情報を読み解いて包括し、方針を決めます。その結論は皆一致しません。
患者さんが自分の希望する情報を得るのに、このサイトは有益でしょう。ですが
ネットの「名医」「名助産師」の意見を一部だけ取り入れるのは難しい場合が多いです。仕入れた情報は全体の一部分に過ぎないからです。事態が許されるのであれば「名医」「名助産師」と同じ考えの人まで出向く、無理なら目の前の医者と納得できる方針を模索してください。

二度目のコメント、失礼致します。

乳児と向き合う日々は、人によっては閉鎖的な毎日となり、不安に押し潰されそうになることもあるかと思います。
こちらのブログは、そのようなお母さん達に、時に優しく 時に厳しく、進む道を照らしてくれる存分だと思います。
そんなブログで、自分がした質問からこのような反応が出てしまっている現状を見て、質問者様の気持ちが追い詰められていないか心配でなりません。

質問者様からはっきり批判されているのならこの対応も仕方ないのかもしれませんが、この記事とコメント欄は、まるで質問者様を吊し上げて批判し返している状態のように見えてしまいます。

インターネットは顔がみれないからこそ、質問者様の真意はわかりませんし、批判のコメントは冷たく心に響きます。
コメントが承認性であるという所からも、読む側は SOLANINさんの信者のような方からの意見は、SOLANINさんの意見として受け取り兼ねません。

もしこの質問者様が孤独のなかで不安に押し潰されそうになっている方なら、この記事とコメントを見てどのように思われるでしょうか。
もしSOLANINさんを敬愛し、頼りにしていたのだとしたら、そのような人(とそれに準ずるコメントされている方々)にここまで言われては、質問者様の心はどこまで孤独になるんだろう…と思うと、胸が痛んでなりません。

SOLANINさんは、この状況を望んでおられたのでしょうか?

ご自身に対する批判のコメントも載せられている強く平等なお心はとても素晴らしいものですが、質問者様がこの状況を受け止められるのか、今一度考えていただけないでしょうか?

このコメント欄は、何のための承認性なのですか?

このブログの発言力は大きすぎます。
だからこそ、コメント欄含めて誰かを吊し上げ批判するような状態は表に出すべきではないのではと思います。
皆が自由に発言できるようにしたい…ということだとしても、ここで行われる発言の力は「~小町」や2チャンネルで行われるものの力を遥かに凌駕しています。


本当に、孤独を感じているお母さんは些細なことで追い詰められてしまうほど繊細です…
SOLANINさんは、そんなお母さん達の気持ちに寄り添ってくださる方だと思っていただけに、この状況は残念でなりません。


この意見は、間違っていると思われるなら公開していただかなくて構いません。

お薬の記事削除しないでいただきたいです。自分が病院にかかる際に何度お世話になったことか…。今回の件は大変残念でしたが、お薬といい性質上万人に安全というわけではないと思っているので、もし自分が当事者になっても仕方がないなとは思います。ただ起こってしまったら、母乳に関係なく子供が今後処方を受ける際に担当ドクターに必ず伝えようと思います。(母乳に含まれるごく少量で服反応がでたなら、直に服用した際の反応が怖いからです)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タンデム(=同時)授乳のあれこれその1。 | トップページ | タンデム(=同時)授乳のあれこれその2。 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: