« ミルク補足量を減量したら、赤ちゃんの体重が停滞した。 | トップページ | 乳頭乳輪鵞口瘡になったら母乳育児は諦めるべき? »

2015年4月13日 (月)

2人目妊活に向けて言い聞かせ卒乳へ(2歳)

<ご連絡いただいたこと>
SOLANINさん、はじめまして。

3月で2歳になる息子がいますが、2人目を授かりたくて断乳を試みようと計画を立ててます。
息子はコルネリアデランゲ症候群という成長発達障害があります。
体外授精で授かり、産まれた時も37週0日で骨盤位だったのと前駆陣痛が激痛で帝王切開しました。
出生時は2207g、46cmでした。

妊娠中からSOLANINさんのブログを読んで完全母乳で育てたいなって思っていました。
とても幸運なことに完全母乳で育てられて、疾患のため現在やっとやっと体重7キロ、身長73cm位です。
離乳食の進みももちろん遅くて、やっと最近離乳食後期にさしかかってきました。
水分もやっとコップやストローで飲めるようになり、それまでは母乳以外いつもトロミをつけて水分摂取してました。

育児に、療育に、毎日必死で、ふと後ろを振り返ると涙が出そうですが、小さな身体でゆっくり自分のペースで成長する息子が可愛いくてたまらず、口腔内過敏などで乳首をくわえるのも完全母乳育児も大変と言われている疾患にめげずここまで母乳を与えられたのも、SOLANINさんのブログの正しい情報があったからです。白斑になったりしましたが…
心から感謝申し上げます。

自分はもうすぐ40歳になるのですが、受精卵を保存してあるので2人目の治療に挑戦したいと思ってます。
息子からサヨナラするまでおっぱいライフを続けようと思ってましたが…
息子の療育つながりでたくさんのママさんと触れ合ううちに、息子にきょうだいがいる生活に挑戦しようと決めました。
また、収入のためパート(看護師)を始めたいこと、息子の成長の刺激と自分の休養のため週1回の一時保育を利用してます。
保育園生活に慣れるために場所に慣れる、おやつ・お昼を食べる、お昼寝をすると段階を追って進めてきました。
それに伴い授乳も減らしてきました。
帰宅したらいっぱい甘えて(お互い 笑)、授乳して息子も安定して保育園にも慣れて生活できてます。

北海道に住んでいるので、真冬の断乳は避けようと思っています。
3月に断乳を決行したいと思ってます。
息子にももう少しでオッパイとバイバイだよとお話しして。
治療が成功しなかったら、息子に申し訳ないなって気持ちがひっかっかっているんですが。
2歳になるまで、大きな疾患を併発せず、しっかり離乳食を食べ、遊び、寝る、笑う、気持ちを伝える、こんなに成長できた息子なので、母乳も役目を果たしたかなーとも思ったりします。

こんなにまとまりもないメールですみません。
このまま断乳していいのか不安もあります。
申し訳無い気持ちもあります。
障害児だけど完全母乳で育てられたのは、SOLANINさんの言葉のおかげなので感謝の気持ちを届けたかったのです。
Xデーまで、母乳育児楽しみます。
どうか失敗しないで、息子が納得してオッパイにサヨナラできますように。

<SOLANINからひとこと>
これは勝手な私の想像ですが、小児科ドクターからお坊ちゃんの病名(CdLS)を告げられた時は、心の葛藤があったと思います。
何故なんだろう?
どうしてウチの子なんだろう?
大病せずに育ってくれるのかしら?
でもね、それはやはり、お坊ちゃんが他の誰かじゃなくて、「このお母さんの子どもになりたいな。」と、選んでくれたからだと思います。
お坊ちゃんのありのままを受け止め、日々のお世話に療育にと大忙しの中、しっかりお坊ちゃんを見つめ抱き締め語り掛けて、2歳になられる迄おっぱいライフを継続されてきたのですね。
素晴らしい!
拝読していて、涙が出てきました。
きっと、旦那さんの見守りや協力、療育仲間のお母さんたちとの交流も支えになっていたのでしょうね。

さて、断乳と表記されていますが、これは言い聞かせ卒乳ですね。
今はもう4月。
北海道の桜はボチボチなのでしょうか?
お坊ちゃんは、無事おっぱいとは、サヨナラできたでしょうか?
妊活は、いくら受精卵を保管しているとはいえ大変だと思います。
治療に成功しなかったら・・・という不安はなかなか拭えないかもしれませんが、「いやいや、そんな筈はない。きっと上手くいくさ。」と、1日1回は声に出してください。(笑)
気持ちは常に前向きに。(但し、気合の入れ過ぎ&頑張り過ぎに注意してね。)
私はお坊ちゃんが次の赤ちゃんを連れて来てくれるような気がしてなりません。
看護師さんとしての復職も叶いますように、願ってやみません。

« ミルク補足量を減量したら、赤ちゃんの体重が停滞した。 | トップページ | 乳頭乳輪鵞口瘡になったら母乳育児は諦めるべき? »

☆様々な卒乳のかたち」カテゴリの記事

コメント

読んでいて涙が出てきました。
息子さんに兄弟ができる日を、私も心から祈っています。
でも、兄弟がいてもいなくても、こんなお母さんに育てられた息子さんはとても幸せだと思いますよ!

ソラニンさん、毎日お仕事の傍ら記事を更新してくださりありがとうございます。どうかお身体ご自愛ください。

卒乳のご報告(1歳5ヶ月)

第1子を体外受精で授かりました。
出生時「胎児ジストレス」だったため、生後3日目までNICUにいたので、母乳はほとんど与えることができませんでした。
そのため乳頭混乱を起こし、おっぱいを口に入れてくれず、私のおっぱいも乳腺炎手前までいきました。
その後も黄疸で再入院し、ほとんど病院で一緒にいることがないまま自宅での育児のスタートとなりました。
そんなときに出会ったのがこちらのサイトでした。
乳頭混乱、吐き戻し、便秘に汗疹、予防接種、離乳食、哺乳ストライキ等様々な場面で大変お世話になり、そのおかげで職場復帰してからもこれまで完母でこれたように思います。
そして第2子を考えるようになり、治療再会のために卒乳しようと言い聞かせを1ヶ月前からするようになりました。
そうするとそれまで夜間数回目を覚まし授乳していたのに、とたんに朝まで寝るようになり、そして卒乳予定日の1週間前に自ら卒乳しました。

言い聞かせ卒乳とはいえ、断乳することに後ろめたさを感じていましたが、結果卒乳という形になり、私も娘も一番いい形になってよかったです。

もし第2子を授かれたら、また母乳育児を満喫したいと思います。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミルク補足量を減量したら、赤ちゃんの体重が停滞した。 | トップページ | 乳頭乳輪鵞口瘡になったら母乳育児は諦めるべき? »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: