☆おしっこ・うんち

2015年6月23日 (火)

おむつのサイズアップの目安は?

赤ちゃんの生活に欠かせないおむつ。(おむつなし育児を知らないわけではございませんが、一般的or普及にているとは言えない段階だと個人的には捉えています。)
SOLANINは昔人間(?)ですから、布おむつを使っていましたが、今のお母さんの多くは紙おむつですね。
新生児用でしたら、恐らく全てのメーカーがパッケージに~4.8㎏という表示をされていますが、腹回りや股ぐりはメーカーさんによって微妙に異なります。
何処がイイとか悪いとか推奨するとかの記事ではないので悪しからず。

さて、きちんと当てているのに、背中からうんちが漏れるとか、股からおしっこが漏れるとか、きついガードルを履いた時のような圧迫痕がなかなか消えないようでしたら、サイズアップをする目安です。
ワンサイズアップすると、ひどくガバガバな感じがしますが、途端に漏れなくなったらサイズアップは正解です。
でも、赤ちゃんの体格には個人差があります。
4.5㎏くらいで漏れる場合もあれば、5㎏でも漏れないことがあります。
よ~く見てあげてくださいね。

2015年2月19日 (木)

母乳性血便は1回だけ?何回も出ることある?

<ご相談内容>
完母で育てているためいつもブログ拝見させて頂いてます。
質問なんですが、先週の月水土と1回ずつ便の中に筋状の血が少量混じっており便の状態から母乳性血便だと自己判断しました。
さきほどオムツ替えをしたところ、また、筋状の血が少量ついており母乳性血便とは1回きりのことなのか?
いっとき続く事もあるのか?ということをお聞きしたく連絡しました。
お忙しいとは思いますが回答のほど宜しくお願いします。

<SOLANINの回答>
お返事遅くなりました。
母乳性血便は、何回か続くことがあります。
1日1回しかうんちが出ない赤ちゃんの場合、日にちとして連続することもあります。
また、1日に複数回うんちが出る赤ちゃんの場合、1日に出るうんちの中で血が出たり出なかったりまちまちであることも。
基本的に赤ちゃんの機嫌が良く、おっぱいの飲みっぷりも普段と変わらないようでしたら、心配無用です。
何回も続くと気になるとは思われますが、受診が必要な病気ではありません。

2015年1月23日 (金)

赤ちゃんのうんちが出ない時は?

新生児で24時間うんちが出ない場合は、肛門刺激をしてあげましょう。
昔はこよりでしましたが、今はこよりを知らないor作れないお母さんもいらっしゃるので、綿棒を使って頂いたら桶です。
それも、ベビー用の細軸綿棒ではなく、普通サイズの綿棒を使ってください。
赤ちゃんの肛門に入り過ぎたら怖いので、綿棒の先端から2㎝の部位にマジックなどで印をつけておきます。
そして、オイルをつけてクルクルと回すようにして入れていきます。
2~3分はクルクルしてくださっても大丈夫です。
そうすれば、爆音(=おなら)と共に、うんちが出てくる筈です。

おなかが苦しそう&なのにうんちが出て来ない時は人助けだと思って、肛門刺激をしてあげてください。
赤ちゃんは、きっと放心状態になるくらいの解放感になられることでしょう!

この技が有効に使えるのは、赤ちゃんが自力で掴まり立ちができる(≒縦方向に努責を掛けられる)ようになるまでの期間限定なので、安心して行ってくださいね。

追記:おなかの「の」の字マッサージも併用されると、尚良いと思います。
(2015年1月15日0時00分00秒)

2013年10月 7日 (月)

おっぱいの成分の約9割が水ですが・・・

おっぱいの成分の約9割が水であることは、当ブログの読者さんは既によ~くご存知かと思います。
おっぱいが足りているかどうかは、おしっこの量と回数による判断に間違いないのですが、うんちの出方には個人差があるので、何回以上出ないとNGとは一概には申せません。
ただ、例えば新生児の場合、発育に必要な哺乳量が賄えていないと、うんちが出ないことはしばしばあります。
何度も綿棒で肛門刺激しても、音沙汰無しが2にも3日も4日も続く・・・というのは、しっかり哺乳出来ていないことを意味しています。

こういう場合、試しに体重測定をすると、体重増加度が18g/日という最低ラインを更に下回っていることが多いです。

赤ちゃんの便秘には色々対処法があると過去記事にも書きましたが、圧倒的に哺乳量が不足しているのであれば、それはどんな方策を用いても効果がありません。

必要なのは哺乳量ですから、搾乳やミルクの補足が必要だと思います。具体的にどの位の量を何回補足すべきかは、小児科ドクターや助産師にご相談ください。
また、指示された場合は、お母さんとしては不本意でも、赤ちゃんのために補足はきちんとしてあげましょうね。

宜しくお願いします。

2013年5月 8日 (水)

離乳食を開始したら、下痢になってしまって。(6ヶ月)

<ご相談内容>
6ヶ月に入り、離乳食を開始しようと思い10倍粥を食べさせたところ、初日に13回、翌日に10回、2翌々日に9回と下痢をしたので、離乳食を一旦止め小児科受診しました。

赤ちゃんの体調があまり良くない時に離乳食をスタートしたのが一因では?と、との診断で、下痢止めと整腸剤を処方してもらい飲ませていますが、まだ4~5回うんちをします。

本人の機嫌は良いので、うんちの回数など、どのくらい様子を見て離乳食を再開させたらいいか悩んでます。
その点をアドバイス頂ければありがたいです。
お忙しいと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

<SOLANINの回答>
当初は下痢の回数がハンパなく多かったようですが、わりかし回復が早めですし、冬場に多い、感染性胃腸炎ではなさそうですね。
やはり、ドクターの仰る通り、状況証拠的に体調が今イチの時にスタートした離乳食(10倍粥)が怪しそうです。
そうなると、離乳食をお休みするのが一番妥当な対応だったと私も思います。

さて、さて、離乳食再開をいつにするかについてですが、うんちの回数には個人差があるので一概に言えませんが、そもそも以前の通常時のうんちの回数は一日に何回くらいだったのでしょうか?
現時点で4~5回/日にまで減ってきたとのことですが、普段もこのくらいの回数のうんちが出るのであれば、再開していいと思います。
しかし、まだまだであれば、たとえ機嫌が良くても、それは回復途上ということなので、もうしばらく様子見でいいのではないでしょうか?
回復途上なのに早く再開しなくてはと焦って、また逆戻りになるよりかは、多少日数を要しても、回数的に下痢が治まってからの再開でも遅過ぎないと思いますよ。
整腸剤の内服や、おっぱいで腸内環境を整えるのが優先事項ですね。

離乳食のスタートが半月やそこいら出遅れても、赤ちゃんの発達には影響ないですから、心配無用ですよ。

2013年5月 7日 (火)

丸3日以上、うんちが出ないのは要注意です。(生後2~3週間)

生後2~3週間頃のブリブリうんちが出る新生児期に、丸3日以上赤ちゃんのうんちが出ないと言うのは、由々しき事態です。

世間には、『機嫌が良く、おっぱいもしっかり飲めて、体重増加も順調であれば、まずは心配ないでしょう。』と、書かれている育児書もあるようです。

しかし、新生児期の赤ちゃんなのに、(どんなに機嫌が良くても、おっぱいがしっかり飲めていても、体重増加が順調であっても)丸3日以上うんちが出ないのに、様子見を続けるのは、いささか長過ぎるのではないかと私は思います。

もちろん、丸1日うんちが出ない段階で、赤ちゃんに綿棒刺激でアシストしてあげて、うんちの排出を図ることは適切な対処です。

仮に、自力での排出は難しくても、丸1日の段階で綿棒刺激のアシストによりうんちが排出すれば、まずは大丈夫かもしれません。(この場合、例えばクレチン症のような頑固な便秘がみられる病気の赤ちゃんは除きます。)

しかし、連日綿棒刺激をしても、挿肛した綿棒の先がうんちの色に染まることも無く、真っ白なままであれば、これは注意を要するのではないかと思われます。
そうなると、可哀想ではありますが、場合によっては緊急避難策としてグリセリン浣腸を施し、排便を促さざるを得ないこともあるでしょう。

それでうんちが排出されたらまだ良いとして、もしもそれでも反応便が見られないならば、うんち自体が存在しないのか?ということになります。
つまり、綿棒刺激でアシストしてあげても、元々うんち自体が存在しなければ、何も出て来ないからです。

ハッキリ言って、哺乳量自体が少な過ぎるのではないかという疑いがあります。(汗)

百歩譲って、『機嫌が良く、おっぱいもしっかり飲めて、体重増加も順調』ならともかく、『機嫌が悪く、おっぱいの飲み方がまだ少なく、ミルクの補足を行っている状況で、体重増加もギリギリ』であれば、悠長に構えているのは不適切です。

まして、便秘に加え、おしっこの回数や量が減ってきていたら、これはヤバいです。

確かにミルクの補足をしていれば、どうしてもうんちの回数は少なくなりがちで、まとめてドカンと排出するパターンが多いですが、まだ生理的便秘の時期ではないこの時期に、特に完母でこのような便秘の状況は尋常ではないと思いますので、早めに小児科にご相談されることをお勧めします。

2013年5月 6日 (月)

生後(2~)3ヶ月頃に見られる生理的便秘って知っていますか?

生後(2~)3ヶ月頃の赤ちゃんのお母さんから、「つい先日までは大丈夫だったのに、或る日を境に便秘になったのです。」というご相談を受けることがあります。

念のため赤ちゃんの体重チェックをしても、月齢相当に順調に増えており、機嫌も悪くないし、おっぱいもしっかり飲めていると思うし、一体何だろう?ということがあります。

これはこの時期の赤ちゃんの腸の発達過程で一時的に起こる現象で、一般的に生理的便秘というものです。

過去記事をしっかり読んでいらっしゃる読者さんは既によくご存知かと思いますが、生後(2~)3ヶ月頃といえば、丁度満腹中枢が形成してくる時期で、スタミナが切れたら飲むのを止めるという体力消耗戦の日々から離脱する時期でもあります。

おっぱいが足りなくて、便秘になるのではありませんので心配無用です。
ですので、心配とはいえ、こういう状態で小児科受診されても特に何かされることもなく、「様子を見ましょう。」とドクターに助言されました・・・というパターンが殆どかと思います。

ただ、さすがに何日も出ないとなると、いささか心配になるでしょう。
赤ちゃんのうんちが出易くなるように、お母さんも便秘であれば、まずはお母さんのお食事内容を見直したり、おなかマッサージや綿棒刺激とか出来る範囲のケアをしてあげてくださいね。

お母さんのおっぱいは、その時のお食事がある程度反映されますので、育児用粉ミルクのように均一品質というわけではなく、オーダーメイドですからね。

そうではなく、おっぱいの飲みが悪く、機嫌も悪く、体重も増えないとなれば、これは生理的便秘とは言えないので、なにか不都合なトコロが無いか、よ~く診ていただいてくださいね。

2013年5月 5日 (日)

うんちがムース状。(生後2週間)

<ご相談内容>
こんばんは。はじめまして。
生後2週間、新生児の女の子のうんちについての相談です。
現在、完母を目指して、1日10回くらいの母乳と、夕方に40mlのミルクで育てています。
数日前から、うんちがムース状になってしまっています。

うんちをした瞬間がわかるくらい、じゅわじゅわ~と聞こえます。

回数も1回の授乳で3回くらい分けてします。
何か病気でしょうか?
ゲップが足りないのかなぁと思って、ゲップをさせようとしているのですが、あまりしてくれません。1日2回くらいです。
このままでは、お腹にガスがたまって苦しいのでは、と心配しています。
ゲップが原因ならば、良いさせかたを教えてください。

<SOLANINの回答>
新生児のうちはげっぷはあまり出ません。

特に哺乳瓶で飲むことのない(相談者さんは1回補足ありですが)赤ちゃんは1回の授乳では、少ししか空気を飲みこまないことが大半だからです。
でも、げっぷをせず、うんちがムース状であると、心配なのですね。

新生児で完母でガブ飲みでない赤ちゃんのうんちは液状です。
ムース状になるのはげっぷで出なかった若干飲み込んだ空気が、うんちと一緒に排出されたことを意味しています。
だから、ある意味生理的というか、決して悪い兆候ではないと思われます。

おなかが張って苦しそうであれば、過去記事にもあるように少し圧を加えて、ホホバやスウィートアーモンドなどのンベビーマッサージに使える質の良い植物性のエッセンシャルオイルで「の」の字マッサージをしたり、肛門に綿棒刺激をしたりしてガスが排出しやすいように配慮してあげてくださいね。

また、お母さんの食べたものがおっぱいに変わるのですから、お食事を見直して和食系でスパイス控えめにされるのもよろしいかと存じます。

2013年5月 4日 (土)

新生児の頃からうんちが出にくいです。

<ご相談内容>
生後47日目のベビーですが、生後21日目くらいからウンチが出にくくなりました。
3~4日出ないので、綿棒浣腸してやっと出たのですが、それ以来、なかなか自力でうんちが出ません…
オナラは臭いし、夜中寝てるときに気張って苦しそうだったり、おっぱい飲んでる時に気張ったりすると、機嫌が悪くなり暴れて大泣きしてしまいます。
母乳とミルクの混合で、1日2~3回朝と夜(たまにお昼)、おっぱいの後に50~60ミリ、ミルクをあげてます。
1ヶ月健診の時に便秘の相談をしたのですが、砂糖水も効果があると言われました。

なに良い方法を教えて頂けたらと思って。
よろしくお願いします!

<SOLANINの回答>
まず、一般的にですが、混合栄養や完ミの赤ちゃんは新生児期の途中からうんちが出にくいというかまとめて出す傾向が強いです。

完母の赤ちゃんで、体重増加も順調であれば、新生児期はおっぱいの度のチビリうんち主体で、ドカンと出るのはそのうち3回前後/日です。

え~っと、相談者さんは混合栄養ですね。

体重の推移が書いてないから、「どの程度おっぱいが飲めているのか?」「ホントにミルクを補足しなければならない状態なのか?」イマイチ分かりませんが・・・
完母で行けそうなくらい順調なおっぱいならば、ミルク止めたらチビリうんちに変化するかもしれません。

(少し話が逸れますし、相談者さんは違うかもしれませんが)これは経験的に言えることなのですが、切迫早産で『ウテメリン®』『ルテオニ®ン』『リドトリン®』というような、いわゆる子宮収縮抑制薬をお母さんが使用された経験のある場合(点滴>内服)(長期>短期)は充分な完母であっても、便秘傾向が強い赤ちゃんが多いです。

若しくは便秘傾向に1ヶ月経つか経たないかくらいの早期に便秘傾向に陥ることが多いような印象が強いです。

さて、便秘対策ですが、出来ればベビーマッサージ用のオイル(ベビーオイルは止めてね!)を使用して、赤ちゃんのおなかに当てる手に少し圧を掛けながら「の」の字マッサージを1回3分毎回授乳前にすることや、綿棒刺激がベーシックでいいと思います。

「綿棒刺激は癖にならないよ。」ということは過去記事でも書いてますからね。
安心してね。
普通サイズの綿棒で2cmは挿肛しても大丈夫です。
こよりを撚るようにして、刺激を2~3分与えます。ブリブリ出てくる筈です。

あ、でも、するタイミングは3~4日ぢゃあ待ち過ぎ!
そりゃあ、機嫌も悪くなるし、おならも臭くなって当然です。(汗)
この時期、24時間まともにうんちがお出ましにならなければ、綿棒刺激、速攻してほしいくらいです。

つかまり立ちが出来るくらいに運動神経が進化したら、逆に綿棒刺激をしても出なくなるからこのワザは期間限定ですからね。
お母さんのお食事内容を見直してみるのも良いですね。
野菜をたっぷり摂っていますか?
野菜ジュースやβ-カロテンのサプリメントで誤魔化していませんよね?

そうそう、ドラッグストアにて販売されている、『マ○ツ○キ○®』が合う赤ちゃんもいらっしゃるから試してみてね。

2013年5月 3日 (金)

離乳食開始して、下痢に気がつくか心配です。(5ヶ月)

<ご相談内容>
もうすぐ5ヶ月になる男の子のママです。完母です。
5ヶ月になって早々に離乳食を始めようと思っていますが、未だうんちの回数がバラバラで『下痢ぎみなのかな?』と思う日が度々あります。
まとまったものが2~3回の日や少量のものを含めて5回くらいの日もあり、まちまちです。
5回となると、ほぼオムツ替えの度にうんちをしているような印象です。
離乳食を始めて食品を食べた時の変化として、湿疹や下痢の症状など。。と聞きますが、
今の状態では正常なのか下痢なのかの区別がつかないため、何かアドバイスを頂けたら。。と思いプチメをしました。
過去記事の中で離乳食を食べて下痢になる事は稀。。とありましたが、
今のままでは子供の変化に気付いてあげられないのではないかと心配しています。
宜しくお願いします。

<SOLANINの回答>
下痢・・・大人であれば直ぐに分かると思いますが、赤ちゃんの下痢ってどんな風になったら下痢なのか?・・・確かに分かりにくいと思います。
特に完母であればなおのこと。
ユルユルの水っぽいうんちで普通ですし、月齢が進んでもチョコレートかカレールーが半溶けしたようなドロンとした状態で普通ですし。
ただ、過去記事にも書いたような気がするのですが、うんちがジェル状だったら、注意は必要ですね。
臭いについては完母であっても離乳食をスタートさせたら大人同様の臭いに代わると思います。
逆に、離乳食を開始したのに、酸臭がするというのも、注意が必要ですね。
でも、お尻が荒れることも無く、機嫌も良く、体重も月齢相当に増えていればまず問題ありません。
それでも下痢が心配であれば、果汁はカラダの冷えを助長させるので、無理に飲ませることは避けましょう。
(もうみなさんよくご存知だとは思いますが、カラダの冷えは下痢を悪化させる恐れがありますからね。)
「あわや!」といううんちが出始めたら主菜や副菜は控えめにして炭水化物中心の離乳食にすれば、大抵はうんちの性状は復旧してきますよ。
でも色々工夫しても下痢が長引くようであれば、小児科受診して下さいね

その他のカテゴリー

☆1ヶ月健診以降3ヶ月までの赤ちゃん | ☆1歳以降の長期授乳 | ☆3ヶ月~離乳食開始迄 | ☆SOLANINの日常生活 | ☆SOLANINの知恵袋・提案 | ☆いわゆるブログ | ☆おしっこ・うんち | ☆おっぱいとお薬 | ☆おっぱいとお食事 | ☆おっぱいに関する私見 | ☆おっぱいのコンディション | ☆おっぱいの神秘 | ☆おっぱいの飲み方 | ☆おっぱいをあげていればこそのメリット | ☆お出かけの時のおっぱいは? | ☆お勧めしたい書籍 | ☆お母さんとしてのマナー | ☆お母さんの体のメンテナンス | ☆かつての子育て経験から得た教訓 | ☆ねんね関係 | ☆タンデム授乳 | ☆フォローアップミルクは不要! | ☆ベビ待ち・挙児希望関係 | ☆ポイントのずれ・デリカシーの無さにげんなり | ☆ポジショニングとラッチオン | ☆マタニティ&ベビー法律関係 | ☆マタニティ&ベビー経済関係 | ☆ミルク調乳に関する注意点 | ☆モンスターとの対決? | ☆リラクテーションは出来る? | ☆㌧でもな保健指導&集団健診の実態 | ☆乳児の栄養方法の歴史的変遷・風土の違いと問題点 | ☆乳房トラブルと対処 | ☆乳頭・乳輪トラブルと対処 | ☆乳頭保護器・ゴム乳首 | ☆乳頭混乱 | ☆予防接種・抗体接種 | ☆事情があっても倫理的に許せない | ☆仕事復帰とおっぱいの両立 | ☆体重増加不良に関係する病気 | ☆体重増加度関係 | ☆兄姉になる上の子の気持ち | ☆出生~1ヶ月健診の頃 | ☆出産から産褥期に見られる症状 | ☆医学的・社会的理由による断乳 | ☆医療機関の選び方による違い | ☆医療職への素朴な疑問 | ☆卒乳後の対処やケアは必要? | ☆危険防止に関すること | ☆双子の母へのサポート | ☆同業他者へのお願い | ☆哺乳ストライキ | ☆天使ママの心身の調子とメンテナンス | ☆妊娠中にしておきたい心と体の準備 | ☆妊娠中に行う各種検査の意味 | ☆妊娠中に起こり得る病気の治療・マイナートラブルの対処 | ☆子どもを褒める | ☆幼児の栄養とお食事 | ☆幼児の発達段階と目安 | ☆授乳回数と間隔 | ☆授乳期のお食事 | ☆搾乳の分泌維持と活用・冷凍母乳 | ☆搾乳補足増減の判断基準 | ☆断乳は反対! | ☆断乳時のリスクと必要な対処やケア | ☆旦那さんや祖父母へのお願い | ☆様々な卒乳のかたち | ☆歯科・口腔ケア関係 | ☆母乳の免疫成分 | ☆母乳の栄養成分 | ☆母乳分泌のメカニズム | ☆母乳分泌・不足感 | ☆母乳育児のモチベーション | ☆母乳育児の基礎知識 | ☆母乳育児の歴史・風土・習慣 | ☆母乳育児の知恵袋・こんな時はどうしたら? | ☆母乳育児中には避けたいもの | ☆母児のための整体 | ☆母子感染 | ☆混合栄養のお母さんへ | ☆産婦人科以外の不調時の対処 | ☆産後の心身の調子とメンテナンス | ☆知らないって怖い! | ☆育児用品とその評価 | ☆胎児が獲得する免疫 | ☆胎内記憶・誕生記憶 | ☆見くびっちゃいけませんよ! | ☆言い聞かせ卒乳中の子どもの心と体 | ☆赤ちゃんに行う検査関係 | ☆赤ちゃんのスキンケア | ☆赤ちゃんの個性 | ☆赤ちゃんの哺乳力 | ☆赤ちゃんの気持ち | ☆赤ちゃんの生活リズムと環境 | ☆赤ちゃんの病気予防早期発見と対処法 | ☆赤ちゃんの発達段階の目安 | ☆赤ちゃんの身体の特徴とケア | ☆連絡事項 | ☆陣痛から出産まで | ☆離乳食開始から1歳までの赤ちゃん | ☆離乳食(補完食)・水分摂取 | ☆食物アレルギー関係

カテゴリー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アクセスカウンター

  • アクセスカウンター
    現在の閲覧者数: